失って初めて気づくこと

 あ~~~~~~~~ぁ・・・何てばかなことをしたんでしょう!!!

 今日、仮住まいの幅85cmのキッチンの狭い流し台に向かっていて、思わず声を上げてしました。(シンクの幅じゃないです、ここのキッチン、全長85cmしかないんです)

 時々あります、片付けものをしている時に思わず気づくことが・・・。だいたい洗い物なんて顕在意識ではしていません。何十年も主婦をしていますもの、他ごと考えながらでも手は勝手に動きます(笑)。

 気づいた時、本当にショックでした。「どうして最近○○なんだろう~?」って改めて考えていたら・・・「ピカッ!」

 あ~~~~~~~~ぁ・・・ 

 わかりました。自分の愚かさが。自業自得です。仕方ない・・・で済ませていたことが、仕方なくなかったんです。自分が気づかなくてそのままにしていたんです。

 世の中はどんどん変化しています。自分がその時いいと思ってやっていることも、世の中の変化についていっていないこともしばしばです。もっともっと敏感にならなければ・・・。

 それにしても後の祭りとはこのことです。失って初めて気づくこと・・・。(法華経の十六番の狂子良医のたとえにもありました)その代償はあまりに大きすぎました。泣いても悔やんでも取り返しがつきません・・・。

 しばらく呆然と立ち尽くしていたのですが、そこが私のいいところ!(←自分で言うな!)すぐさま行動開始です!

 思えば、社会に出て、いえ出る前も数々の失敗を繰り返してきました・・・。思い出すと恥ずかしくて死にたい・・・!?(あ、これはドリカムの歌か)本当に何度も大きな失敗をしてきました。でも!そこで学び、絶対に次は同じ失敗をしない、そう誓ってきました。

 よく最初の頃は思っていました。「この方法が成功しないことを今日初めて学んだぞ!」と。そうでも思わないと、恥ずかしくて大きな穴がいくつあっても足りません(笑)。

 今回のことは本当に大きな損失だったのですが、実は1年ほど前にも同じことで別の大きな失敗をしていました。でもこれらは仕方ないです。それらに関しては何の知識もなかったわけですから。だからこそ、失敗から学び、絶対に今後はこれらを生かして次へ向かう、経験して初めて自分のものになります。

 まぁ、今回の大失敗は私が損失を被るだけで、誰にも迷惑をかけていないのがまだ救いでした。

 情けない・・・いつも人に偉そーなこと言っておいて。

 反省、反省。

 でも失敗は成功の元!とも言いますもんね♪皆さま、こんな私をどうぞ、温かく見守って下さいませ。

スポンサーサイト
  1. 2006/03/31(金) 15:37:41|
  2. 未分類

ウィークエンド・オアシス最終回

 今日はZIP-FM「ウィークエンド・オアシス」の最終回でした。昨年の4月から始まったこの番組・・・ミュージックナビゲーターの須藤理弓さんも今回で卒業と言うことで、何とかお疲れさま、そしておめでとう!の気持ちを込めようと前々から考えておりました。

 数日前にディレクターに「最終回にスタジオへお邪魔して理弓さんに花束を贈りたい」とお願いすると、快く引き受けてくださり、せっかくだからと言うことで、ご本人にはナイショで・・・ということで、水面下で打ち合わせを進めました(笑)。

 私はその前夜は帰りが大変遅く、結局寝たのが1時半過ぎていたのですが、朝は4時50分に起き(目覚ましをかけたのですが、それ以前にちゃんと起きられました←これ、特技です!)仮住まいから自宅へ戻り、支度をして6時の地下鉄で、花束3つの入った大きな紙袋を抱えて、いざZIPのスタジオへ!

 昨年末にスタジオへお邪魔した時は、雪が積もっていて大変だったのですが、今回は暖かかったので助かりました。

 スタジオのある桜通のビルの裏口にたどり着くと、同じように花束を持って男性が立っています。え?この方、どなた?偉い様?それともファンの方?軽く会釈だけして、インターホン越しに「志水でーす」と告げると「今、開けまーす」と警備の方。重いドアを開けに来て下さり、エレベーターへ案内しくれます。その時点でまだこの男性の正体はわからず・・・スタジオの入口ではディレクターが待ち受けてくれていました。でもその時の視線の矛先がずっと私だったので、あ、この男性は花束を届けに来られたファンの方だろうと判明しまして、ホッ。

 とにかく理弓さんにはナイショでということで、ぎりぎりにスタジオ脇にお邪魔し、こっそり姿を隠しておりました。アシスタントディレクターは芸が細かい!いつものようにガラス越しに私に電話をかける振りをされていました。しかも受話器を持って深々とお辞儀をされ(笑)。

 さてCMが終わり、いつもの音楽が流れ「~~今日も志水悠記衣先生とお電話がつながっています。せんせーい、おはようございま~す」と言われた瞬間、スタッフがスタジオの二重になっているドアを一気に開けてくれて「おはようございま~す」理弓さんの後ろから登場しました!

 「え~~~?」びっくりして目を丸くする理弓さんに「一年間お疲れさまでした!」と花束をお渡しし、いつものように占いランキングを発表させて頂きました(笑)。その後はいつも全く打ち合わせなしに、フリートークに入るのですが、瞬間的に質問にお答えするのもホント刺激的で楽しかったです!

 エンディングでの彼女の感動的な挨拶をスタジオの目の前で聴くことができ、人生において、ひとりの方のこれだけ感動的な瞬間で出会えることもそうそうあることではないでしょう・・・私は本当に幸せなことだったな~と、しみじみ感謝しました。

 きゃしゃな体からあふれ出す理弓さんのあのパワー!ホント別の場所で会うと、とってもちっちゃな女の子(失礼っ)って感じなんですけど、スタジオでいざマイクの前に座ると全く別人です。さすがはプロですね!

 今回で一応この番組を卒業ということですが、彼女のリスナーを大切にする姿勢はやはりちゃんと多くの方に伝わっていて、あ~素敵な方とご縁ができて本当に幸せだったなとさらにさらに感謝しました。

 7:00の時報で番組が終了すると、局の方々が花束をいっぱい持って集まっておられました。たくさんの方に囲まれて本当に理弓さんは幸せそうでした。私まで記念写真に入れて頂きました。なかなかこんな貴重な経験はさせてもらえるものではありません。

 1年間、本当に私自身も勉強させてもらえたし、何より毎週楽しかった!たぶん話している私自身が一番楽しんでいたと思います。

 理弓さん、お疲れさまでした!スタッフの皆さん、お世話になりました!そしてリスナーの皆さん、本当にありがとうございました!またどこかでお目に、お耳にかかることでしょう。その時はどうぞよろしくお願い致します。
20060327080902.jpg
  • 2006/03/26(日) 08:07:17|
  • 未分類
  • 「地天泰」

     仮吉方中で自宅とレオパレスを毎日行ったり来たりと、あわただしい日々が流れていきます。何となく見かけてはいたのですが、今日自宅のすぐそばに老人保健施設がオープンしました。

     何か大きなものを建設中だな~とは思って見ていましたが、今日はオープンセレモニーと看板が出ていたので、なるほど。。。と、これが噂の施設だったんですね。

     自宅の周辺に新しい建物が建ったときは要注意なんです。これは目に見えない「気」のお知らせ。物言わぬ「天」が、そっと教えてくれるメッセージなんです。自宅から見てどの方位に何ができたかによって、判断することができます。

     今回の老人保健施設は九星で分類すると「二黒土星」それが北西「六白金星」に建ったので、易卦であらわすと上卦が二黒土星、下卦が六白金星の「地天泰」です。(易を勉強している方は良くお分かりですね)

     もしくはその施設はとても大きなビルですので「八白土星」とも考えられます。そうすると上卦が八白土星、下卦が六白金星の「山天大畜」です。

     これが今の私へのメッセージとすると・・・?

     「地天泰」は天下泰平の卦で
     リズムに乗る 欲しいものは手に入る 失くしたものが出てくる
     順調である でもこれもそう長くは続かない
     大いに楽しむもよし 次へ備えるもよし

     という意味です。さらに

     「山天大畜」は集める、留めるの卦で
     チャンス到来
     蓄えたものを積極的に生かす時 活用すればするほど強力になる
     外に出ること 望むものは内より外にある

     わ~い!やったぁ~!これは両方とも大吉です。よ~し、思うままにいろいろやってみよう!と言う気になれます。


     実は一昨年の暮には、自宅のすぐ南に駐車場ができました。これは九紫火星の上に二黒土星ができたので「地火明夷」とても不遇な卦です。どんなに能力があろうと太陽が地に潜ってしまっている。今は何を言っても認められないから、時期を待て。不遇な時代の過ごし方で後の運勢が変わってくるというものでした。

     だから昨年はぐっと我慢していました(笑)。

     こうやって静かに辺りを見回していると、本当に得られるものは大きいです。何も考えずに日々を送っているほど、恐ろしいものはありません。自分の目標に向かって、日々の努力を怠らず、常に環境の変化を敏感に受け取る・・・。これを心がければ、それこそ安心ですね。

     皆さんのご自宅の周辺に、何か新しいお店はオープンしていませんか?楽しんで探してみて下さいね。

     
     

     
    1. 2006/03/24(金) 03:49:02|
    2. 未分類

    春分の日 恵方参りへ♪

     今日は春分の日。時間があったので、朝一番に、先月の節分に続き、恵方参りに行って来ました。節分だけでなく、春分、夏至、秋分、冬至など季節の節目に追い参りをするとよいと教えられているからです。

     まだ1ヵ月半前、特別なお誓いごともなく「今年も1年、世のため人のために精一杯働かせて頂きます!」とお誓いさせてもらったのに、うれしいことにあれから大きなことを3つ思いつきました。今日はそれをもう一度きちんとお誓いしてこようと、早くに出かけました。

     今日は七赤中宮の日。おまけに私の線路の日です。北の三碧木星方位でまずお茶をしてから(モーニングおいしくなかった・・・)巳午の方位へ車を走らせました。

     堤防沿いの細い道を河口へ河口へ進み、こんもりと茂った林の中に目指すお寺はあります。普段は見落としてしまいそうな小さなお寺ですが、敷地の端っこへ車を停めて、こっそりとお参りさせて頂きました。

     1つ ○○をいつの日か必ず実現させます。
     2つ □□を★★して・・・します。
     3つ △△を近いうちに世の中に発表して、ひとりでも多くの方のお幸せのために貢献します。

     この3つです。あ~、気分は晴れ晴れ♪気持ちよく帰ってきました。あ、今回も本堂の扉が閉まっていたので、お賽銭を上げることもできず、すみませんタダ参りでした。ゴメンナサイ!

     でも、目標があるって本当にすばらしいです。今年はこの3つを中心に進みます。1つめはかなり時間を要するけれど、2つめは突然に始まっていて現在進行形で今、楽しんでやっているし、3つめも昨日から取り掛かりました。

     神社仏閣にて天と地の間に立って、季節の節目にお誓いする恵方参り・・・さて、そのご利益はいかに!?

     

     
    1. 2006/03/21(火) 09:34:39|
    2. 未分類

    今年3回目の大きなRAS♪

     今日は占いの予約が思わぬ早くに済んでしまい、夕方岐阜へ行くまでに急に時間が空きました。どうしようかな~と思ったものの、先方に尋ねても夕方の予定も早まらないとのことで、仕方なく当てはないけれど早めに出かけることにしました。

     いつもはとにかく急いで運転しています。特に朝、岐阜へ行く時など、1分1秒を惜しんで高速を走っています。安全運転の範疇で120キロくらいで・・・(笑)。で、たまにはと思い、ドライブかたがたのんびり走ってみようと思い、岐阜までの下道を音楽を聴いて景色を楽しみながらあれこれ考えながら走って行きました。

     でも、こういう日に限って道が空いていて順調で、早くに着いてしまいました。まだ1時間くらいあったので、ふと思い立ち、恩師のところへお邪魔しようと思い、電話してみました。日曜はいつも先生のところはお客様が多く、応接室に入りきらないこともしばしば・・・ところが今日は「誰もいないからおいで!」とのことで、喜び勇んで急遽お邪魔してきました。

     恩師はそのお顔を拝見するだけで、ものすごく安心できます。本当にいつもニコニコ「よく来たね」そう言って頂くだけで、何とも言えない安堵感に包まれます。特別相談があるわけでもなかったのですが、近況報告などをすると、ひととおり聞いてくださった後、必ず非常に高度な話をして下さいます。とても普通では聞けないような話をいろいろ聞かせて下さるので、いつもとても楽しみにしているのです。

     先生のお話はとても壮大なもので、常に「どうしたら地球が良くなるか?」です。私が「どうしたら世の中が良くなるか?」「人がもっと幸せになるか?」などとは比べものにならない桁外れなお話です。来年あたりからモンゴルの砂漠の緑化運動が始まるとおっしゃっていました。

     そんなお話をしながら、何か私が気をつけるべき点があれば教えて頂こうとお尋ねすると「いいよ、そのままで。今のままでのんびりやっていれば」とてもありがたいお言葉をかけて頂きました。そんな話の中で「あーーーーーーっ!」急にひらめいたのです。

     目の前に起こってくることにはすべて意味がある、それらはすべてありがたいメッセージである、といつも人には言っておきながら、ここ最近、自分の身に降りかかっているひとつのことがどうも理解できず「何の意味があるんだろう???」ずーっと考えていました。

     それが、先生とお話しているうちに「ピカッ!」わかったんです!今年3回目の大きなRASが働きました。「せんせ~い!私、○○します!あ~これのためでした・・・。今、気がつきました!」ひとり盛り上がる私に「うんうん、絶対それはいい、がんばってやれ!絶対に世の中で大ヒットするぞ!」

     そう気づいたらもういても立っても居られません。「ありがとうございましたっ!」早々と先生のところを失礼して、次の場所へ向かったのです。

     たまにこういうことがあります。でも、後から考えると必ず大きな転機となっているのです。あ~、もうすぐにでも始めたい!三碧木星ではないけれど、思いついたら我慢ができません(笑)。

     さてさて、何を思いついたかはいずれ発表させて頂きますね。乞う、ご期待!です(笑)。

     
    1. 2006/03/19(日) 06:28:34|
    2. 未分類

    またまた集合無意識のしわざ?

     人間には顕在意識、潜在意識さらにはその奥に集合無意識(共通無意識)があって、みーんな水面下ではひとつにつながっていると聞いています。今日はまたまたそんな不思議な出会いがありました。

     うちの長女は今大学3年生で就職活動の真っ最中。いろいろと戸惑うことばかりだそうですが、何しろ私は高卒ですし、「就職」ということを人生において一度もしたことがありませんので(何やってここまで生きてきたんでしょうね(笑))相談されても何にもわかりません。一般的なアドバイスくらいはできますが、そこはやはり親子です。いらぬ感情が入ってきて、話の矛先が違ってきたりします。

     かれこれ数ヶ月、そんな日々が続き、それでもこの苦悩はきっと彼女を一回りも二回りも成長させると信じて見守っていました。

     誰かこういうことに長けている人はいないものかと、先日の確定申告でも「餅は餅屋」と悟ったばかりです。ない知恵をどれだけ絞っても出てきませんから。そう思ってふと思いついたのは、確か就職カウンセラーをやっている方が、以前セミナーに同席してたっけ・・・。

     彼のHPが確かお気に入りに入れてあったと、探してすぐさまメールしてみました。そうしたら、そういう人を対象にいろいろな活動をされていて、早めに相談に乗ってくださるとのこと。さらには私のHPもご覧下さって、なんならNOAでお話しましょう・・・とのありがたいお言葉。さっそく娘の都合を確認してメールしました。

     少し先に明かりが見えてきたわ!と、私もほっとして、その日は岐阜まで村山先生の新しい講座が始まったので夕方から出かけました。

     最近は日が伸びたので、6時からの講座もまだ外は明るいんです。まぁもう春だわ~って思いながら、セミナールームに入った瞬間、凍りつきました。

     例のカウンセラーの彼がそこにいるのです。部屋に入って右手の後ろ側に座ろうと思って入って行った所に彼が座っておられたのです。

     「え~~~~~~?」どういうことですか!!!でも彼は「今日はお会いできると思っていました」って。「???」ここで彼と会うことになっていたから、彼を数日前に思い出したのか、彼を思い出したからここで会うことになったのか・・・

     本当にびっくりしました。

     最近そういうことが多発しています。やっぱりもうすぐ、あれも実現するのかなぁ?わくわく楽しみです。すごいですね、人間の意識って言うのは。

     だから今日も私は「あの人、今ごろどうしてるかなぁ?」って思うだけ、そうすれば必ずメールなり電話なりが来ます。皆さんもどうぞお試し下さいね。でも、これにはちょっとしたコツが要ります。興味のある方はいつでもお店までどうぞ(笑)!
     
    1. 2006/03/13(月) 17:48:28|
    2. 未分類

    吉方効果はいかに・・・?

     4月の吉方移動に備えて1月末から始めた仮住まい。早いものでもう半分以上過ぎました。4月の15日に自宅に戻るまであと1ヶ月少々です。最初はさすがの私も非常に心細かったのですが、今ではすっかり慣れてかなり快適に暮らしています。

     5年前に一宮で仮住まいをした時は片道8km、朝のラッシュ時などは25~30分かかったのですが、今のところは片道5㎞約15分です。おまけに子どもも大きくなったので、今回はありがたいことに完全にひとり暮らしです。(生まれて初めて!)

     5年前は自宅に戻ったのが5月末、その翌月、ある社長さんからかけられたひと言で人生が大きく変わりました。思い起こせば全くの専業主婦からの大転換でした。

     とにかく社会経験を何もしたことがなかったのに、気学のセミナーで初めて講師デビューしたのが、とある社長さんたちの集まりでした。月に1度の講座を3月に渡って。そこで誘われて行った初めての海外旅行がシアトルとニューヨーク。同時多発テロの直後のクリスマスでした。旅行先でまたまた大きな出会いがあったりと・・・。今では懐かしい思い出です。

     前回の方位は東南の七赤金星。ものごとが整う、経済効果がある、楽しい人生がやってくる等々たしかにいろいろな報徳がありました。

     今回は東北東の六白金星方位です。今年の東北東は大三合吉方に当たり、普通の吉方の30倍の効果ありと言われています。

    いきなり大きなことが始まる六白吉方

    止まって始まる八白吉方

     そうなんです、とにかく何かが始まるのです。ところが、八白吉方というのは始まるその前にいったん止まってしまうんですね。実は先月からもうそれが始まっていて、あらゆることが止まっています。

     おまけに1月2月は運気最低、大きな壁の前に立ち尽くして一歩が踏み出せず、途方に暮れるという月でした。

     数えただけでどれくらいの物事が止まったことでしょう。本当にこれ、何も知らなかったら右往左往するようなことばかり。でも止まった後には新しいことが始まるので、今はそれを心待ちにしています。

     六白吉方は今やっていることが、いきなり大きくドカンと始まります。あぁそう言えば、もうそんなことがあったようななかったような・・・ふむふむ、これはもしかするともしかする(笑)!?

     さてさて4月以降の生活はいかに・・・?今は嵐の前の静けさをひとりニヤニヤ楽しんでいます。

     方位の威力は体験した人にしかわかりません。口でどれだけ説明してもわからない人にはわからないでしょう。だから知って実行する者だけにご利益がある、本当にありがたい目に見えない「気」の力です。

     自分も努力し、方位の力も借りる、自力と他力、どちらかに片寄るよりは両方生かしてさらに人生を充実させるのが賢い生き方かなと思っています。

     興味のある方は、次回は平成19年の1月と2月が引越しに最適の月です。今から計画されてはいかがでしょうか?必ずご利益があるはずです♪


     

    1. 2006/03/12(日) 01:31:39|
    2. 未分類

    この世の極楽♪

     「この世の極楽」と聞いて、皆さんは何を想像されたでしょうか?昨日はその道に詳しい友人に誘ってもらって「この世の極楽」を体験してきました。(もったいつけずに早く言え!って?失礼しました・・・)

     その極楽は、岐阜からずっと西へ行ったところにある「ゆせんの里」「四季のふるさと」というトータルセラピー施設です。
    http://www.natural-co.com/goannai.htm

     何せ「美」にはあんまり興味がない私、内面を磨く勉強のためのお金は惜しみなく使いますが、外面を磨くことにはほとんど興味がありません。そんな私を心配してか、友人がその道へデビューさせてくれました(笑)。

     時間が遅くて暗かったのですが、高速を下りてずんずんいくと、広大な土地にほんのり明かりを灯した素敵な建物が点々と。平日だったのでとても空いていました。
     
     とにかくエステもほとんど経験なし、スーパー銭湯には過去に一度行ったことがあるだけ。フロントで説明を聞いても要領がわからないままにまずは温泉に浸かりました。

     最初に予約したのは韓国式のあかすりです。恐る恐るお湯の中で「あれ?あかすりってどうやってやるんだろ?何を着てどこへ行くのかな?」あれこれ考えていると温泉の中の小部屋から韓国女性が呼んでくれました。(え?全裸ですか?)他には誰もいなかったので、とりあえずお湯をジャージャー流しているあかすりのベットに横たわりました。

     痛いよ~~~右足からゴシゴシこすられました。(えー?そんなにこすって大丈夫なの~~?)もう恐くて目をつむっていました(笑)。そのうち慣れてきて、うつ伏せになった時、薄目を開くと「が~~ん」これ全部私の垢ですかぁ?消しゴムの消しくずの巨大なものがたくさんこぼれています。25分間はあっという間に過ぎました。最初は痛かったけれど最後は快感でした(笑)。

     カタコトの日本語で「あなた 色 白いから あかも白い 私 色 黒いから あか 黒い はははは~」その豪快な言い方に唖然としながらもお礼を言ってそそくさと部屋を出ました。(あかなのに白いですって(笑))

     もう一度温泉に浸かってから上がり、次は作務衣風の館内着を着てちょっと休憩。自然食レストランで夕飯を食べる予定が、時間が遅くもう終わっていてお茶だけ飲んで退散。

     次も初体験の岩盤浴です。何しろサウナに入ったことも一度もありません。扉を開けて入っていくといろいろな種類の石が並んでいます。その上に借りてきた大きなタオルを敷きうつぶせになったり、仰向けになったり・・・。なんとここ混浴なんです!!!とはいえ、服は着ていますから安心なんですけど。

     じわ~っと暖かくなってきて、なんとも気持ちよかったです。本当はひとり45分間だったのですが、次が待っていたので15分くらいで出ました。だから汗はそれほどかきませんでした。でもほんのり温かい石がいい感じでした。

     さて、次は初めて聞いた「汗蒸幕(はんじゅんまく)」これは韓国が本場の石の釜風呂です。高温のドームのような中に入っていくと、あまりの暑さに思わず部屋を飛び出しました。それでももう一度意を決して入っていくとだんだん慣れてきて、今度は一気に汗がバーッと噴出しました。みんなこの暑いのにさらに頭からタオルをすっぽりかぶったりして座っています。じーっとそこで体操座りをしていたのですが、さすがに5分でギブアップ。外に出て水を飲んで一休み。さらにもう一度入りました。

     館内は本当に空いていて、ゆったりとのんびり出来ました。2回目の汗蒸幕から出て休憩した時、思わず「極楽~」本当にリフレッシュできて気持ちよかったです。でも小心者のワタクシ、こんな極楽気分を味合わせてもらっていいものだろうか・・・?こんなありがたい思いをしたからには明日からは普段の3倍くらい世のため人のために働かなければ申し訳ない・・・そんな気分になりました。

     最後に温泉で汗を流して・・・そこまで来てしまった!大変なことに気づきました。あとから友人に聞くところによると、館内着は直接素肌に着るらしかったのですが、やっぱり小心者のワタクシ、一応申し訳なく思って下着を着てたんです。ですから、もうお分かりですね、汗でびしょびしょのタオルや館内着はそのままお返ししたのですが、最後のシャワーから上がって、着替えなんて持っていってなかったので、もういちどそれをはいて帰るはめに・・・。あー、ばかばかばか!!!

     というわけで、短い時間でしたが、この世の極楽気分を味合わせて頂きました。本当に思いがけずに素敵な体験をありがとうございました。

     今度は母と妹と娘と連れだって行こうと思います。

     意気揚々と帰宅して娘に話すと「知ってるよ、韓国行ったときにやってきたもん!」え?自慢しようと思ったのに、知らないのは私だけだったんですね(笑)。

     

     

    1. 2006/03/10(金) 15:12:17|
    2. 未分類

    身内の厳しくもありがたい評価

     最近は子どもたちも成長し、それぞれの世界が広がって、一緒に出かけることも少なくなったのですが、今日はふと思い立ち、娘をNOA塾に誘ってみました。

     私は自分のやっているセミナーへの我が子の参加を大歓迎しています。なかなか親の仕事の姿を見る機会もありませんし、何より一緒に学ぶいい機会だと思うからです。さらに、我が子が参加していてもまったく普段どおり変わらず淡々と進めます(笑)。

     今日娘は大学も休み、バイトも休みとのことで、二つ返事で付いてきました。

     今日は生徒さんの欠席が多く、人数が少なかったのですが、それもまた良しとして始めました。だいたいどなたもご存知のはずですが、我が子をご存知ない方は、いきなり同じ顔をした知らない人間が座っていると「え~~~?」と驚かれます。そして必ず「そっくりですね~」「はい、一応親子ですから・・・」

     そして私と娘を交互に見ながら「え~~?先生、お幾つですかぁ?」「えぇ若気の至りで中学生の時に子ども産んじゃったので・・・」真顔で言うと、一瞬皆さん真剣に聞かれるので「冗談ですよ~」(笑) (娘が今21歳なので今私が36歳でしょ、やっぱり15歳で産んだ計算だわ←いい加減にしなさい!はい、すみません・・・)

     授業が済んで帰りの車で「どうだった?」娘に尋ねると「やっぱり家でお母さんにマンツーマンで聞くより、こうやって客観的に聞いた方がとよくわかるわ!」とのことでした。どうしても親子だといらない感情が入ってしまいます。少しは娘の糧になったでしょうか・・・。

     さて、さらにちょっと勇気が要ったのですが「お母さんの先生ぶりはどうだった?」娘に聞いてみました。自分の評価を人に尋ねるのは恐いものですが、これをしないと向上がありません。自分では良いつもりでやっていても、そうでない場合もありますから・・・。

     「うーん、そうねぇ~。身振り手振りが大げさ!ホント普段と同じなんだけどすっごく表現がオーバーなんだよね!」(そ、そうですか・・・)
    「でも、それがとてもわかりやすくてよかったよ!」(ホッ)

     「それからね、世間話をしているようでも、必ずホワイトボードで詳しい説明があるからわかりやすかった。皆さんの話を図解説明するから、自分がどうしているのか、なぜそうなるのかがよくわかったよ」(ありがとうございます!)

     「話が長いからさぁ、この話はどこへ行っちゃうんだろう?って思うんだけど、必ず最後につながっていくから安心できたよ。」(一応すべて計算してやっていますから)

     「だけど!!」(え?何ですか)

     「途中でさぁ、ひとりの人が受験の話を聞いたでしょう?あの時、お母さん、あの人ばかりに話してた・・・。私は後ろから見ててハラハラしてたよ!こっちの人たちにも時々は視線を振ってあげてよ~。さもないと、こっちの人たち、疎外されてるって感じるかもしれないよ!」(なるほど・・・私も気にはなっていたのですが・・・)

     「やっぱり、ダメだね~。内容を勉強するのも半分あるけど、半分は親だから心配で・・・。上手にやるかな~失敗しないかな~ってドキドキしちゃったよ~」(それはどうも失礼しました)

     こんなことを言ってくれるのは身内くらいでしょう。普段半年のセミナーがひととおり終わると、皆さんにアンケートを書いてもらいますが、いいことは書けてもなかなか苦言を呈してくれる人はいませんから。

     こういう経験もたまにはいいものです。娘の厳しくもありがたい評価でした。
    1. 2006/03/08(水) 04:23:50|
    2. 未分類

    弥生3月

     弥生3月ももう6日。

     なかなか日記が更新できません・・・。(ご訪問下さる皆様方、ごめんなさい)

     今日から暦の上では3月の気に入りました。私は密かにこの日を心待ちにしておりました。

     実は一白水星の私(年齢はわかっても黙っていて下さい(笑))1月2月は運気最低だったんです。もともと一白水星は苦労星。四緑木星や六白金星のように平々凡々に生きていても、それなりに幸せ~という星と違い、生まれながらに苦労を背負っています。(私も数年前まではそのまんまでした)

     9年で一回りする星の運気ですが、ほとんど良い時がない一白水星も今年から2、3年は苦労の中にも運気は最高を迎えます。そんな中でも1月2月は夜明け前、最後の衰運期だったので、3月の到来が待ち遠しかったのです。

     気学を学ぶようになって、自分が今どんな時期にいるのかが一目瞭然にわかるようになり、運気が悪くてもあせらないし、運気が良い時は思いっきり活動する・・・。気の流れに沿った生活は本当に安心です。

     さらに人生は「諸行無常」どんなことも一点に留まることはなく、常に変化し動いていく・・・それがわかっているから、何があっても恐れることはありません。

     さて、3月はどんなことが起こるでしょう。本当に楽しみです。

     

    テーマ:日記 - ジャンル:日記

    1. 2006/03/06(月) 05:18:47|
    2. 未分類