FC2ブログ

ありがたい出来事に感謝♪

先日の車検時に関する日記を書いたところ、ブログ上でのコメントを避けて(私の日記にはコメント少ないですし、しづらいそうです)個人的にメールを下さった方が何人かありました。一様に「あんな日記はあなたらしくない!」とのご指摘でした。


後日談ですが、やはり営業の彼は、私がすごく活躍して儲けてるだろうから(笑)新車に買い換えるものと思っていたのが当てが外れて、一気にトーンダウンだったようです。(期待して下さってありがとう!)いえ、お金があろうがなかろうが必要ないものはたとえ10円のお金でも使いませんよ、私は!

で、何であんなに怒ったのか?(いえ、怒ってないんですけど)と冷静に考えてみると、私こそとても期待していたんでしょうね、代車に!私はとにかく車(と新幹線)が好きなんです。自分で所有していなくてもいろんな車に乗ってみたいのです!何しろ私の長年の夢は子どもの卒業式に赤いNSXで学校へ行くことなんです。(誰か貸して下さい!)

次の日のセミナーで、T社の営業の方がおられたので、その話をすると「うちの会社は代車はどなたにでもヴィッツです!試乗車を代車に出すなんてありません!」と言われてしまいました。(う~ん、なるほど・・・。そういうところもあるのね)

結局サービスの彼が「これは僕からのお願いなんですが・・・営業の彼にもう一度チャンスをやってもらえませんか?」と頭を下げられたので「別に怒ってるわけではないから、今までどおりにメンテナンスをしてもらえればそれで結構です」ということで一応は決着しました。


あれから3日後の今日、とあるところでたまたま良かれと思って発した言葉が相手の逆鱗に触れてめちゃめちゃ怒られ、最後には「もう帰ってー!!」「???(「帰ってーって、そんなぁあなたぁ、子どもでもあるまいしぃ・・・」)」何が何だかよくわかりませんでした。何を怒ることがあるの?私が一言発したことを最後まで聞かずに、こちらの意思が通じることもなく・・・。逆らう気力もなかったので、仕方なく訳もわからずとぼとぼと帰宅しました。

さすがにいつも明るく元気な私も意気消沈です。しばらくは落ち込んでいましたが、そこが私のいいところ(←また言っています(笑))すぐに「今日の出来事は何を私に教えてくれているんだろう??」と視点を変えてみました。

確かに朝から相手の方は機嫌が悪かった・・・たまたまそこに居た私に八つ当たりされたのかしら?それにしてはあの怒り方は尋常でなかった、本当に私が悪いの?それとも相手の機嫌が悪いだけ??ぐるぐると頭をいろんな思いがよぎります・・・とその時「ピカッ!」ひらめきました。

あ~今日の私はきっと車検の時の営業の彼だ!たとえ誤解だとしても、こちらが良かれと思ってしたことが相手に通じずに、一方的に言われっぱなしでは、どんなに悲しい気持ちになるのでしょう!たとえ正論だったとしても、あの場のあの態度はどれだけ相手を傷付けたかをすぐさま私に「気付け」と教えてくれたのでしょう。そんなつもりはなくてもひとえに私の慢心です。ごめんなさい。。。

そう思ったら、顔に青筋を立てて怒りまくっていたその方にもとても申し訳のない気持ちになりました。あんなに怒ったのでは日頃から体調もあまりよくないと言われるのに、さぞかし血液がにごったことでしょう。そこまでして私に教えてくれたんですね。本当にありがとうございます。

もしかすると「ざまぁ見ろ、罰が当たったんだよ」と思われる方がいらっしゃるかもしれません。でも、私はものごとをそういうふうには考えていません。世の中に目には見えない神仏がおられるのであれば、神仏は罰など与えようはずがないと思うのです。大きな慈悲の心で、無言のうちに現象を変えてそっと気づかせて下さった・・・と思っています。

しかも今回の一件の直後にすぐさまこんな出来事を采配してもらえたことに心から感謝したいと思います。ありがとうございます。節分前の平成18年を締めくくるありがた~い出来事でした。謙虚な気持ちで、新しい年を迎えようと思っています。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/31(水) 02:22:09|
  2. 未分類

怒らない私が久々に怒ったこと!

 いえ、誤解のないように、決して怒っているわけではないんですが、私にとってはめずらしい出来事でした。

 今日は愛車の車検でした。今月に入って「車検の時期ですが、買い換えられますか?車検を受けられますか?」という担当営業マンからメールをもらったので「とても気に入って乗っているため、今買い換える理由がありません。車検を受けます」と返事をしました。

 ところが、それ以来何の音沙汰もなし・・・普段から私はメールについて思っているのですが、単なる気心知れた仲の他愛もないメールならともかく、それ以外の関係で何かの質問をした場合、返事が来たらそれに対して何か一言「わかりました」とか「ありがとう」とか返信するのが当たり前じゃないかと思うのですが。

 結局待てど暮らせど何の連絡もなく、確か期限が月末だったような気がして、痺れを切らせてこちらから電話をしました。ただし、担当営業マンにはその件でガッカリしていたので、別のサービスの人に頼もうと思い、営業所へ直接電話しました。すると・・・その営業マンが出たので「うっ、しまった!」と思ったのですが、ま、これも縁ですね(笑) 待ってましたとばかり「車検はいつになさいますか?」と。(これもおかしな話だよなぁ、車検って言ってるんだからそっちから聞くのが筋でしょ?)ま、大人ですので(笑)そんなことはさらっと流し打ち合わせました。

 「代車お願いします!」「え?代車要りますか?」(「え?」はこっちのセリフ、私が何の仕事をしていてどういう生活しているか知ってるでしょ?一日車に乗らずにじっとしてると思う?)で、結局「代車、ご用意できます」でもやっぱり代車で遠出はしたくないので、できるだけ近場の仕事の日にしました。

 で、車を当日持ってきてもらうのを待っているのも落ち着かないため、こちらから取りに行くことにしました。朝電話すると、まだ代車が用意できていないとのこと。(9時前ならいいって言ってたのにぃ)でも大人ですから(笑)「あぁそーですか、ではまた後ほど」今思えば、この辺から始まっていたんですよね(笑)

 ちょうど休みだった娘と日盤吉方でお茶を飲み、その足で店へと向かいました、さすがに10時過ぎていれば大丈夫だろうと。そして店へ着く直前に「あのね、車検の時に用意される代車を見ればだいたいがわかるよ。営業マンにどれくらいの力量があるか、そしてこちらをどれくらいのお客として見ているかがね」娘が笑いながら「FとかCだったりしてねぇ」(私は今その上のAに乗っています)

 そして店へ着くや否や飛んできた営業マン「先ほどは失礼しました!志水様のために、ぴったりなきれいなぴかぴかの新車をご用意しました!」そこに置いてあったのは・・・たしかにきれいな新車ではありましたが、550CC のLという軽自動車だったのです!

 一瞬唖然、認識の不協和もいいところ、思わず言葉につまり、そのあと発したのが「あーもう今後はSさん!あなたに対する態度変わるから(苦笑)!!」怒るを通り越してがっかり・・・娘に「帰るよ!!」オイルやフィルター等の交換もしてと頼む気にもなれず、その私にぴったりという車に乗って早々に引き上げました。娘も「びっくりしたぁ!」ほとんど怒らない私が他人に対して「あんなことを言うなんて・・・よほどのことなんだね」と。娘に「見ててごらん!」と代車の話をしていて、直後だったので本当に唖然でした。

 いえ、軽自動車だったから言っているのではありません。確かにいつもメンテナンスばかりで、この車も舅がプレゼントしてくれたもので、私が彼から買ったわけではありません。利益につながる上得意様ではないのでしょう。彼から見た私の査定は軽自動車だったのかもしれません。でも、私がこの年代の女にしてはきっとめずらしく大の車好きで「今度はIに乗りたい!」っていつも言っているのに・・・。

 さすがに「代車に3000CCのLやNSXを用意して!」とは言いません、でも今乗っている程度かそれのちょっと上くらいのを用意してくれても良さそうなのに・・・。日盤吉方をとって気をよくして出掛けただけに落差は大きかったです。

 確かに一瞬は唖然として怒れたけれども、そこが私のいいところ(←自分で言うな!)即座に「さて、これをどう考えよう?」視点を変えました。

 きっと彼には悪気があったわけではないのでしょう。私への最大の思いやり「綺麗なピカピカの新車」があれだったわけでしょう。でも、その思いやりはありがたいんだけど、私のニーズには全然答えていない。もし本気でそう思っているなら、悪いけれど5年以上付き合っていて顧客の気持ちがつかめないような人はもうゴメンです。

 彼を責める気もありません、きっとあれが彼の精いっぱいなんでしょう。そうだったら「猫を追うより皿を引け」の私、今後のお付き合いはご辞退致します・・・。でも店長やサービスマンとは、プライベートでもお付き合いもあり、他店へ変わるのも・・・。そこで私の決断は「担当の営業マンを替えて下さい」と願い出ることでした。彼が悪いわけではない、きっと私と彼との相性の問題(これは私の得意技ですもんね)それを店長に願い出ました。

 何か予期せぬ出来事が起こった時、それについてごちゃごちゃ言い続けるのでなく、即座に自衛手段を考える!これが私のやり方です。店長に電話がつながらなかったので、とりあえずサービスの方に連絡して事情を話しました。何と言っても愛車が今は人質に取られています(大袈裟)これを取りに行く時にまた例の彼に会わないといけませんから。

 サービスの人とは長いお付き合いですもの、よーくわかってくれて(前の車検の時など車で聞いていたCDが彼の好みと一緒だったと、わざわざ私の持っていないのを貸してくれたり)私が言わんとすることをよく理解してくれました。この時点でひとまず安心、ただ私が「軽自動車がいや!」と駄々をこねているのではないことを理解してもらえて。

 そーしてなんと!後から「実は・・・」とこっそりいきさつを聞かされてしまったのです。朝、サービスと営業の打ち合わせの時に「Lを用意した」と営業から聞いて「即刻変更せよ」とサービスの彼が指示を出したそうです。それなのに指示を聞かず、そのまま私に渡した。サービスの彼は今回の結末が予測できたから言ったのに・・・後から変更しなかった理由を聞くと・・・「今日は店のイベントの日。変更を指示された車は試乗や商談に使うかもしれないから・・・」とのことでした。結局、自分の営業成績のために私にはそれを渡さなかった・・・。(ふーん、やっぱりね・・・)

 でも、代車が少ないイベント日になぜ車検を引き受けたの?私の都合と合わなかったのかもしれない・・・だったら、もっと早くに打ち合わせして万全を期していればよかったのに・・・。

 何度も言いますが、彼を責める気はありません。怒ってもいません。なぜならそれがごく普通の人のやることでしょうから。トップセールスになるような人は、自分の利益度外視でお客様の利益最優先でやるからこそトップセールスなんでしょうから。(ダイエーの林文子会長もホンダ時代からそうでした、あ、会社名言っちゃった!)

 結局私の車はだいぶ修理を要する部分が多く、特にタイヤの磨り減りがひどく「これでは車検に通らない」そうで、日帰りの車検は無理となりました。次の日は高速で遠出することを言うと、サービスの彼は「今から代車を取り替えに行きます」と。さんざんごねた後で替えてもらうような形だから「いえ、今回はこれでいいわ」と言ったのですが「どーしても」という彼の言葉に、大人ですもの(笑)「だーかーら、結構ですってば!」などと意地を張らずに「あ、そう?ありがとう!じゃお願いします(笑)」と。

 夜になって店長ともいろいろ話したのですが、店長の立場もよーくわかりますので「怒ってませんし、店長を責めていませんからね~」と前置きしてから、二人でいろいろ語り合いました。店長は義弟と仲良しなので私を「おねーさん」と呼びます。さらにうちの長男のバイト先の塾長と同級生ゆえ、私的にも良くしてもらっています。

 で、店長の今の悩みは、本社からの業務が多く、店に居られない・・・そうすると目が行き届かず、今回のようなことも起こる、要は部下を育てる時間も余裕もないのですね。店長自身はもともとサービスマンだったのが身体を壊して営業に変わり、そこでトップセールスとなり、店長になった人です。自分はできるんだけど、同じような部下が育たない。たまに奮起させようとセミナーに行かせても、テンション上がるのはその時だけ、すぐに元に戻ってしまう・・・(むむ?でしょでしょ?だから私のやっているNOA塾はそういうことを解消しようと継続的にやってるセミナーなんです:うちの生徒さんはすっごく成績上がってるよ、どぉ?私を使わない~?思わず営業しようかと思いました(笑))

 これはここの会社の問題だけでなく、社会全体なんじゃないかな?と思っています。メーカーの利益たるものすっごいけれど、その下々のディーラーなどはそうでもなく、きゅうきゅう言ってる。組織が大きくなればなるほど、組織を運営するほうに重きを置くため、人材の育成にまで手が回らない、そうするとどんどん若い子が辞めていく、で、また次・・・って感じで。改めて教育の重要さをひしひしと感じます。

 まず人を育てること!まさに今私がやっていることは、世の中のニーズに合ってるなぁと自画自賛!!おまけに今年は二黒土星の年「育てる」年なんです。おーっと、話がだいぶそれました・・・

 とにかく「雨降って地固まる」ことを願っています。今回の一件が、営業マンにとっても店全体にとっても私にとってもよい結果につながりますように・・・!

 今うちの駐車場に置かれているのは、とっても素敵な赤いSという車です。昨日ちょっと乗ってみましたが、乗り心地最高でした!今日は高速で出かけるので楽しみです!(でも、今日の一件が起きた時、あぁもうこの系列店では車は買うなってことだわ!2008年にできるというアキュラ店:トヨタで言うレクサス店:で買ってやる~ぅと心に決めたのでした(笑))
 
 それと・・・「もし私がここの営業マンだったら、絶対ひとりひとりのお客様を大切にしてきっとトップの成績を上げるわ!」と、ありもしないことを意気揚々と語る私に、娘は淡々と「はいはい、でもきっとかーさんなら、どこへ行っても何でもやるって(笑)!」それは褒めてんの?あきれてんの?
  1. 2007/01/28(日) 03:32:23|
  2. 未分類

毎日が幸せ日和

 もうすぐ1月も終わり・・・。とにかく今、目が回るほど忙しく、ほとんど昼間は外に出ているので、じっくり机に向かえるのは夜中か早朝くらい。日記も書きたいことがいっぱいあるのに、日記を書いてる時間があれば、あれを先に、これを先にとそんな感じの毎日なのです。でもいつまでも「ホラービデオ」では情けなく、今日は先に日記を書こうと思いました。

 もともとブログ本体のタイトルの「毎日が幸せ日和」なのですが、今年に入ってから、さらにそんなことを感じることの連続です。どういうわけか「占いカフェNOA」に来られるお客様が福の神みたいな方ばかりで、私へ幸せを運んで下さる方ばかりなのです!「困ったことがあって・・・見て下さい」よりも「私たち、こんなに幸せです!」っていう話でいっぱいで。


 まず年明け早々、昨年結婚されたという若いお二人。家を買いたいからとご相談に来られたのですが、彼の方は2年ほど前から何度も足を運んでくれていて、結婚までのいきさつもその都度報告受けていて、年賀状の結婚式の写真がもう映画のワンシーンのように素敵で・・・。

 さらに予約をして下さってから、当日来られるまでに妊娠が発覚!うれしいことには「妊娠がわかってすぐに『名前は志水先生につけてもらおう!』って話してました」って。彼らは結婚時に吉方で転居されたのですが、そのせいかどうか彼は昨年の営業成績でNO.1になったそうで、お給料もぐ~んとアップ。だから家も買おうと思えたそうです。よかったよかった!

 それに加えて素敵な奥様は中国出身の方。とにかく女優さんのように美人!賢い方なので日本の学校へ留学されてそのままずっとこちらにいらっしゃるそうですが、日本語もお上手でかなりの才媛です。美人ってつんとした印象がありますが(決して美人でない私の偏見?)彼女はそういうところが全くなく、謙虚でさわやかです。思わず女の私でも「本当に女優さんみたいにお綺麗で、見てるだけで幸せな気分になれるわ!」と言うと彼も「本当にそうなんですぅ」はい、ごちそーさま!この気持ちを持ち続けてくださいね。


 それから、昨年新築の際に家相を見せて頂いた方の紹介で来られた若いご夫婦。「今まで引越しのたびに悪いことが起こったから、今度は予め見てもらおうと思って・・・」とのこと。何でも最初の引越しで、祖父母が亡くなり、その次の引越しの時は母が亡くなり・・・「あのねぇ、人間は生まれた限りは必ず一度は死ぬの。それは引越しのせいではなく寿命よ(笑)。あなたが悪いんじゃないから気にしないで~」

 そんな話から始まり、お名前を拝見すると、奥様は結婚前の名前は大凶中の大凶。それが、今の姓になると大吉!こういう人は1000人に3人くらいしかいません。さらに嫁にもらうと倉が建つ!という名前になられていました。ですから「この人と結婚されてよかったねぇ~」と言うと「ホントいい人と結婚できたと思っています」と奥様。ご主人に「倉が建つお嫁さんが来てくれてよかったねぇ」と言うと「ホントありがたいです」はい、ごちそーさま!

 そして引越しを方位を詳しく見てみると・・・引越し先は実家のそばと決めているので、物件はだいたい決めてあるとのこと。そういう場合、時期が悪いと凶方になってしまうので、恐々見たのですが、何とよりによって大々吉。「どうやって選んだの?」思わず聞き返しました。よい時期によい方位へ引っ越すことは、よほど入念に調べてかかってもそうそうできることではないのです。それを調べもせずに今まさに引っ越そうとしている方位が吉方に当たるって言うのは単純計算しても768分の1です。(年盤8方位×月盤8方位×12ヵ月)さらにたまたまそれがこの2月はその吉方効果が12倍!という月だったのです。

 何をお話してもとにかくニコニコ顔の奥様、まさに福の神のようでした。私までうれしくてうれしくて・・・よかったよかった!


 あとは、とりあえず相談したいことがあって来られたんだけれども、話を聞くとすごく可能性を秘めていて「この子はちょっと勉強すれば必ず成功する!」そう確信できる若い子の連続!「あなたはもともと素質があるわ、私のセミナーへおいでよ、絶対大成功するから!」思わずそう声をかけたくなる子ばかり・・・。まさに宝の山です!この子達が本来の自分に目覚めたら、すっごい力を発揮されるでしょう。そして職場や家庭や地域、もっと言えば社会のリーダーになられるでしょう!
 
 ひとりが目覚めれば、必ず周りは変化する!だからこそ、まずひとりが立ち上がること(幸せになること)私はいつもそう思っています。そういう子たちを育てて、世に送り出すこと!これが私の使命だもと思っています。

 あぁ、何て幸せなんでしょう!趣味で始めたこと、頼まれてやっているうちにそれが仕事となり、今では私と同じ目標を持って集まってくれる多くの人たち・・・そんな人に囲まれて本当に幸せです。

 毎日「ありがたいなぁ、幸せだなぁ」そう思えることの連続。まさに毎日が幸せ日和です!皆さん、本当にありがとうございます!

 さて、次にNOAでお会いできるのはどんな素敵な方たちでしょう。ワクワクしながら今日もNOAへと向かいます!

 
  1. 2007/01/27(土) 02:23:43|
  2. 未分類

ホラービデオ

 私の手元に恐怖のビデオが届きました。私はホラーものは大の苦手です。本当に人が苦しんだり、痛めつけられたりするのを見るのは実際でも映画でも耐えられません。

 それなのに・・・今私の手元にある1枚のDVD・・・。これを近いうちに見なければいけません。これを見ないと10日後に呪い殺される・・・んなわけないです(笑)

 前置きが長くなりました。実は、奇特な方がありまして、先日行った私のセミナーをビデオに撮ってあげるというわけで、わざわざ暇財をして来て下さった方があったのです。それを編集したからと今日頂きました。彼は新しい機材を買ったので、撮影して編集する練習をしたいから、実験台になってほしいとのことでした(笑)。

 前々から、自分をビデオに撮って研究すると良いとは言われておりましたが、なかなかチャンスがなくて・・・。きっと気持ち悪いだろうな~でも私以外の人はいつもこれを見ているんだろうな~、申し訳ないことだわ・・・。いろんな思いがよぎります。

 以前ラジオに出させて頂いていた時は、毎回録音しては反省材料としていましたので、自分の声が流れてくる・・・というのには一応もう慣れました。でも映像は見たことがありません。昨年も、今回の新しいWebサイトのためにセミナー風景の写真を撮るように言われたのですが、何枚撮ってもらってもなかなかいいカットがないんです。仕方ないんです、ポーズを取る記念写真と実際に動いているところを撮影するとではかなりの違いがあって、結局すっごく変な顔をしてしゃべっているわけですから。

 さて、早速PCに入れて恐る恐る見ようとしたら、機械に拒絶されたのかDVDが立ち上がらず、未だ見られていません。やっぱり呪いのDVDだわ~(笑)

 以前、生徒の若い男の子から「先生って、黙ってそこに立ってればまぁまぁなのに、しゃべるとどーしてそこまで変わってしまうの?吉本みたい・・・」と言われたのが今でも頭の中をぐるぐるこだましています。いつも皆様に不快な思いをさせていると思うと申し訳ない気持ちでいっぱいです(笑)。ごめんなさ~い♪

正月以来、やっと更新したかと思ったら、こんな話題で失礼しました。
 
  1. 2007/01/18(木) 06:44:12|
  2. 未分類

明けましておめでとうございます!

 大好きなお正月がやってきました!

 お正月っていいですよねぇ。昨日と同じ朝なのに、同じ景色がまったく違ってキラキラまぶしい!どうしてこんなに輝いて見えるのか、子供の時からずっと不思議に思っていました。きっとそれは、新しい年に込める期待が大きいからでしょうね。

 年末の慌しさから開放されて、元日だけはのんびり過ごします。2日からあちらこちらへお年始に回るので、だからよけいに元日は楽しみ!前年を振り返り、新年の目標を新たに掲げます。

 年末にはなかなかできないので、元日には前年の主な出来事を月ごとに短くまとめた記録をここずっと最近は残しています。あとから振り返ると自分の足跡がよく分かってとても楽しいです。あぁ、あの頃はあんなことをしていたなぁ、あんなことを考えていたなぁって。

 昨年は本当に学びの多い年でした。今年もさらに成長できるように精進したいと思っております。

 皆様、どうぞよろしくお願いいたします! [明けましておめでとうございます!]の続きを読む
  1. 2007/01/01(月) 03:22:26|
  2. 未分類