FC2ブログ

なつかしいフレーズ♪思い出した!

先日、友人のお宅へお邪魔した時です。私よりも一回り以上も若い彼女には2歳と3歳の年子のお嬢さんがあり、とにかく毎日にぎやかな日々を送っているようですが、子ども連れでは家を出にくいとのこと、家も近いので、時々短時間ですがお邪魔しておしゃべりをしています。

この春から幼稚園に通う上のお子さんが、おばあちゃんに買ってもらったというピンク色の上履きをうれしそうに出して私に見せてくれます。と、その瞬間「Na(自分の名前)も~」下のお子さんが横から手を伸ばし、奪い取るや否やすばやく逃げ去り、履こうとしました。さぁ、怒ったのはお姉ちゃん!「それHi(上の子)の~」取り返しに行って、すごい勢いでケンカになりました。

「ちょっとごめんなさいね~」友人はあわてて席を立ち、二人をなだめようとしましたが、収拾が付きません。さらに二人とも大声で泣き叫びます。「ホントごめんなさいね、うるさくて」私に気を使って謝る友人とお子さんを見ているうちに、我が家の子育て時代がなつかしく甦ってきました。

もうすっかり大きくなってしまった我が子たちですが、ご多分に漏れず小さい頃はにぎやかな毎日を送っていました。靴を取り合う二人を見て私はふと、なつかしいフレーズを思い出したんです、もう10年ぶりくらいに・・・。

それは・・・

私は、自分が親からも先生からも叱れてばかりで育ち、非常に悲しい思いをして大人になったので(お父さん、お母さん、これ読んでると思いますが、もう過去の話なので気にしないで~)自分が親になったら、むやみに頭ごなしに怒ることと「勉強しなさい」とうるさく言うこと、この2つは絶対にするまいと心に誓っていました。さらにどうやったら子どもが楽しく良い子に成長するか?舅との同居で不自由な結婚生活を送る中でも、それだけはいつも考えていました。

長女を育てる頃は私も慣れないので、行き詰まることも多かったのですが、長男二男と生まれる頃にはだんだんに慣れてきて、あるとき「子育ては親と子の我慢比べだな」と悟ったのです。言うことを聞かないからと怒ってさじを投げては親の価値なし、それならどうやって言うことを聞かせたらいいのだろう?いつもそれを考えていました。

そこで思いついたのが、キャッチフレーズ?スローガン?何と呼ぶのかわかりませんが、子どもに教えたいことを短い言葉でまとめて、覚えるまで言い聞かせてみたんです。二人で一つを取り合うなんて、本当に小さい頃はよくありますよね?そんな時「お姉ちゃんなんだから貸してあげなさい!」とか「これはあなたのじゃないから我慢しなさい!」ってついつい言ってしまいます。そこで・・・

「ひとつしかないものは~・・・?」
「はんぶんこ」か「なかま」か「こうたいこうたい」


とにかくわかってもわからなくてもまずこのフレーズを教え続けました。♪スズメの学校の先生はーチィチィパッパ、チィパッパ♪のノリです(笑)!最初のうちは子どもらも分けがわからず、ケンカしていましたが、フレーズを覚え、意味を教え続けていくうちにだんだんに理解してきて、そのうち何か取り合いになった時、

「はいっ!『ひとつしかないものは~・・・?』」
と声をかけると、ケンカしながらでも泣きながらでも
「ハンブンコカナカマカコウタイコウタイ』
と口にします。

「はいっ!じゃ、この場合はどうしたらいいでしょう?」
と言うと、それぞれに考えて
「はんぶんこっ!」とか「なかまっ!」とか「こうたいこうたいっ!」と言います。
「じゃ、そうしましょう~」と言うと、ちゃんとお互いにその通りにできるようになりました。

これができるようになって、本当にケンカが減りました。分けられるものであれば半分に分ける(これは食べものの場合が多い)、一緒に使えるものなら仲間で使う(おもちゃなど)、どうしてもひとりずつの場合は交替で(乗り物など)。

こうして教えたいことは何でもフレーズにして教え込むという手法を覚えた私は次々と笑えるフレーズを考えました。

やんちゃを言って我慢できない時は
「我慢できる子、おりこうさん!我慢できる子、ウルトラマン!」
子どもらの憧れるヒーロー、○○レンジャーとか、仮面ライダー(古っ)とかの名前を何でもを入れて、「我慢できるとウルトラマンのように強くなれるよ~」と教えました。子どもは案外素直なので「ウルトラマンになれる?」「うん、我慢できたらウルトラマンになれるよ~」「じゃ、我慢する!」「そう!えらいねぇ、これでもうウルトラマンだ!」

我が家はこんな毎日でした。ただし、これが使える年齢は限られます。せいぜい3歳頃の話です。間違っても小中学生に試さないで下さいね(笑)。

この話を友人にしたところ、「わぁ、すっごくいいこと教えてもらった!早速試してみますね~」と。若い彼女は目をキラキラさせてそう言ってくれました。

夜、帰宅した子どもらにその話をして、「ひとつしかないものは~・・・?」と言うと「覚えてる、覚えてる、なつかしいね~」と。やはり覚えたことって言うのはちゃんと記憶されていて、それが必要な時に出てくるようです。

今回の一件で改めて「教育」の大切さを思い知りました。わかるまできちんと教える・・・大人でも子どもでもなかなかこれができません。うまくいかないと投げ出してしまうんですね。きちんと教えもしないで「何でできないの!!」できるわけないですよね。

本当に「教育」するって、根気が要る仕事です。根底に愛がなければ続かないでしょう。そう思うと親っていうのは偉大な仕事をさせてもらっています。子どもを育てているとは言いながらも、そうやって根気よく続ける自分も育ててもらっていたんだなとしみじみ感謝しました。

そんなことを思い出させてくれた若い友人とかわいいお子さんたちに感謝です!ありがとうございます!

スポンサーサイト
  1. 2007/03/12(月) 07:38:57|
  2. 未分類

緑の町に舞い降りて♪

仕事を始めてかれこれ7年ほど経ちますが、今回東海4県を初めて飛び出して、遠くは東北のとある町へお邪魔して参りました。懇意にして下さるとある企業様の大型店舗が近くオープンするとのことで、従業員の方対象にセミナーをさせて頂きました。

そこは私が30年も前からあこがれていた町です。大好きなYumingの「悲しいほどお天気」というアルバムの3曲め「緑の町に舞い降りて」という曲に出てくる素敵な町でした。今回ありがたいことに「飛行機で来て下さい」とのことでしたので、本当に緑の町に舞い降りたわけです。残念ながら3月に入ったとはいえまだ寒く、雪も残っていて、とても緑の町・・・には程遠かったのですが。さらに今回初めてマネージャーも同行しても良いとの許可を得ましたので、一人付き人を従えての出張となりました。

何しろ飛行機と新幹線が大好きな私。ずっとずっと楽しみにしておりました。(←いえ、もちろん仕事ですから、浮かれているわけではありませんが)それにしても遠かったー!朝の9時半に家を出て、セントレアからJAL便に乗り、空港から高速バスで約1時間。先方に到着したのは午後2時をとっくに過ぎていました。

ううっ、すごいっ!写真では店舗の玄関を見ておりましたが、早速中に入り、あちらこちら専務さん直々に案内して頂いたのですが、それはそれはすばらしい!東北1の施設だそうです。全館床暖房の程よい温もりが、旅疲れの足には心地よく、岩手山を眺めながらごちそうになったおそばも美味!あ~、このまま仕事を忘れそうです(笑)。

今回のセミナーは何と「秘密のセミナー」 セミナー開催時間まで、誰が何をしに来るのか全く告知されていなかったそうで、私も初めての経験に少々不安もありましたが、何しろ付き人が一緒と言うのは心強いものです。始まってしまえば、いつものように自分自身が一番楽しんでおりました。従業員の方は皆さん、もともと素敵な方ばかり!取り立てて私が偉そうにお話しすることもないくらいでしたが、「あなたの笑顔がさらに輝くために」というテーマで1時間ほどお話させて頂きました。とはいえ、半分くらいは遊んでいましたけどね~(笑)。

今回の付き人は実は今月大学を卒業する娘ですが、彼女は就職活動中に数々の企業の説明会に行き、どんな話が興味を引くか、どんなふうだとすぐに眠るか等々、以前からよく聞かせてくれていまして、今回も厳しい目で私を見ていてくれました。さらに従業員の方に混じって聞いてくれていましたので、あとから聴衆の方の声をいろいろ教えてもくれました。これはとても勉強になりました。(なかなかの感触だったそうです)

店はオープン前で非常に皆さんお忙しい様子で、実はセミナーは2回に分けて行う予定でしたが、1回目が済んだあと、だいぶ待った後でこちらから中止を申し出て、残った時間でご希望の方のお名前を個々に見せて頂いておりました。そのうちそれが長蛇の列となってしまい、延々お一人ずつとお話しすることができました。

とにかく今回のご依頼に添うべくできる限り精いっぱいのことをさせて頂きましたが、最後のほうで私と同年代の方が「ここへ来て(この店に就職できて)本当に良かった!!」と今回の企画にものすごく感謝して下さり、私もうれしい限りでした。来週再び女性自身に記事を載せて頂くことをお話していたせいか、アルバイトの高校生の女の子が「すみません、サイン下さい!」「・・・・・・」というわけで皆さんに名刺をお配りしましたが(笑)。

2日目は地元の方に一足早く施設内をお披露目とのこと、私と付き人もありがたくご一緒させて頂き、今度は地元の皆さんの生の声を伺って来ました。

4年前には娘の高校卒業記念に二人でハワイへ行ってきたのですが、今回はすみません、仕事に便乗させて頂いて、ゆっくり二人で温泉に浸かってくることができました。ありがとうございます♪

帰りはせっかくでしたので新幹線で帰ってきました。飛行機は目的地までひとっ飛びですが、新幹線はいいですねぇ。それぞれの県を全部通って走るのですから。変なところにやたら感動して約6時間の旅を終えました。本当に楽しい楽しい初めての出張となりました。

さて、この大きな施設は今週火曜日オープンとのことですが、どうぞ東北一の施設に相応しく、無事オープンされ、大成功を収められますようにと祈るばかりです。ぜひまた呼んで下さい、いつでも参上いたしますから~(笑)!
  1. 2007/03/04(日) 12:11:58|
  2. 未分類