FC2ブログ

グッドタイミング!

先日久しぶりに裾直しをしようとミシンを出してきました。ここのところの娘のロリータブームで、ミシンはもはや娘のテリトリーに置かれていたのですが、本当に久しぶりにさわってみました。使いたい糸の下糸がなかったので、手始めに下糸を巻こうと思ってセットしたのですが、「びゅーん」と動いたかと思いきや「ピピピ」という電子音と共にすぐに止まってしまいます。おかしいな~、さては娘が壊したか??との思いもよぎったのですが、とにかくその日に仕上げてしまいたかったので、何度も何度もチャレンジするも、どうしても動かないので、あきらめてどこかへ尋ねようと思いました。

結婚する時にミシンは持たせてもらったのですが、途中でコンピューターミシンを買い直し、さて、その時の営業マンの名刺…かれこれ15年以上は経っているので探しようもなく、もうあきらめてブラザーのHPからお客様相談窓口へ電話してみました。とても親切に説明して下さるのですが、どうにもこうにも動かず結局「修理に出して下さい」ということで、営業所の連絡先を教えてくれました。

確かブラザーの直営の営業所はなくなったはず、教えてもらったのは私が全然知らない店だったし、結構遠かったので、う~んどうしよう…と思いつつも、やっぱり今日中に仕上げたい!ふと「お願い!動いて!!」手のひらをミシンに向けてパワーを送り拝んでみると…「びゅ~~~~~~~~ん」あら不思議、止まらず動くのです。思わず「ありがとう!ありがとう!」再びミシンを拝んで下糸を巻きました。

それ以外は普通に動いたので、無事裾直しを終え、やれやれと思っていました。

次の日に息子が「かーさん!今日こんな人が来たよ」と手渡されたのは「ミシンの調子はいかがですか?今なら出張費無料で修理いたします!」と書かれています。さらに私が探していたNさんの名刺付きです。「え???どこかで見てました??」このNさん、15年以上前にたまたま出張修理に来てくれたご縁で、ミシンを彼から買ってからのお付き合いで、最近は私が仕事をしていてミシンもほとんど使っていないこともあって、せいぜい2年に一度くらいご機嫌伺いのチラシをポストに入れてくれる程度でした。

何と言うタイミング!本当にびっくりしました。

早速連絡すると家まですぐに来てくれて調子を見てくれました。今回の話をすると、彼もびっくりしていましたが、本当にタイミングがよかったね~とお互いに感激し合いました。15年以上たぶん17年くらい経っているけど、このミシンは優秀です、17年使ってこれだけしか痛んでないってホント優等生!とえらく褒めてくれました。(ミシンがいいの?私たちの使い方がいいの?)内がまという部品がだいぶ痛んでいて、それを取り換えればたぶんOKとのことで早速取り換えてくれました。

あー感激!なんというタイミン、ぐぅ~!!
スポンサーサイト
  1. 2008/05/30(金) 18:38:39|
  2. 未分類

江戸の敵を長崎で討つ!

江戸は江戸でもエドはるみじゃあありません。なんだか彼女を見ていると、ドキッとするんですよね、私、いつも人前であんなことやってしまってるんじゃないかと。。。(笑) どう見ても共通するところが多くて。。。(笑) 娘も「何だか見ててイタイ」と言います。以前、男性の生徒さんから「先生って黙って立ってれば普通なのに、喋ると何でいきなりそんなふうになっちゃうの?」と言われてから、少々気にしています(笑)。親しい人以外にはあまり知られていませんが、実は私、明石家さんまキャラなので、頼まれてなくてもいつでもどこでも笑いを取りたくなってしまいます。

今日はそんな話じゃなくてぇ~。連休中はお天気も良くお出かけ日和だったのですが、仕事以外はほとんど家にいて、冬物を片付けたりしていました。3日は30度を越えたおかげで、手洗いしたニット類が一気に乾き、お日さまの偉大さを改めて実感しました。そうそう、とうとう洗濯物の外干しもこの連休後半から解禁となりまして、1月末からず~っと部屋干ししていたのが、やっとベランダに干せるようになり、部屋が広くもなりました。

先日、パソコンを修理に出したのに、保証期間5年が10日過ぎててショックを受けて以来、同じ失敗をしないようにと、家にある家電で気になるものの購入年月日を調べてもらいました。そうしたら、冬の間やたら突然止まって冷や冷やしていたファンヒーターがどれもまだ5年以内と判明!よーし、夏の間に無料修理をしてもらおうと張り切っていました。

連休中にせっせとお店まで運びました。さすがに1台は大型のため、サービスカウンターへお願いするとわざわざポーターを駐車場まで派遣してくれました。さてさていろいろ手続きをすると「5年以内ですので、無料保証期間です」と言われまして、思わず満面の笑み(のはず)で「あわてませんので、ゆっくり修理して下さいね」と。できれば冬が来るまで、どうぞそのまま預かっておいてもらいたいくらい(笑)。ところが「タンクが一体型のはそのままお預かりできますが、こちらのはタンクだけお持ち帰り下さい」とのこと。(え~?臭うじゃない!)お店のお姉さんが厳重に何重にも包んで持たせてくれました。トホホ、全部預かってくれればいいのに。

それにしても、パソコンの敵をファンヒーターで討ったわ!!ばんざ~い!あーうれしい!(単純です)
  1. 2008/05/07(水) 05:44:10|
  2. 未分類

果たし状もらった!

連休前に娘から「ちょっと、おかーさん!」と果たし状を突き付けられました。

「すっごくいい曲があるんだけど、覚えていっしょにハモってくれない?」

「とにかくいいよ!」聴かされたのはbank bandの「to U」 何となく耳に覚えのある曲だったけれど、しみじみ聴いてみると本当にいい曲!これは私の中では、MISIAの「everything」にも匹敵しそう。すぐさま「OK!」

ただし、お互い桜井さんのパートもSalyuのパートもどちらもいつでも歌えるようにマスターすること!それを目標に、各々練習に取り掛かりました。とはいえ、私の場合、ただ家にいる時は連続で再生して聞き続けるだけですけど。

さてさて、だいたい雰囲気をつかんだら、耳でハモリを聞きわけ、ひそかに練習開始!楽譜があれば早いんですけど、楽譜もなし、キーボードもなしではかなりキツイ!

もともと私は音楽が大好き(下手の横好きだけですけど)、子どもらが小さい頃から、あんまりどこかへ遊びに連れていったことはないですけど、音楽だけはじゃんじゃん聞かせていました(いえ、勝手にいつもBGMにしてただけですけど)ので、長女も長男も音楽好き。(ただし長男は洋楽派のため、私達とは趣味が違う、二男はあんまり音楽に興味がないみたい)

それで、いつも娘とはいっしょに歌っていました。10年以上前でしょうか、ドリカムの吉田美和ちゃんのファンク・ザ・ピーナッツの「恋の罠、しかけましょ」から始まって、郷ひろみ&松田聖子の「true love story」とか、最近ではNEWSのテゴマスの「キッス~帰り道のラブソング」とか。

さてさて、今朝はモーニングに出かける車の中で、初めて練習の成果を発表し合いました。ところが、娘は昨日は関ジャニのライブのはしごでかなり喉がガラガラ「私、今日は桜井さんでいいわ」とのことでしたので、私がSalyuを担当しました。初めてにしてはまずまずの出来、車の中で声を張り上げてのハモリ…聞かされれ続けた息子はいい迷惑そうで「楽しそうやね」と冷ややかに。

娘とふたり「やっぱりいいね!もっと練習しよ」 今後は屋外で歌ってみたいよね、と夢はふくらみ、もうちょっと上手になったら庄内緑地公園へでも早朝に出かけて、新緑の中、池のほとりで歌おう!と。親子デュオだよね、いや母娘デュオだね、有名になるかもよ! 楽観的なこの親子の夢はどんどん膨らんでいます♪ すみません、ご近所の方、うるさくて・・・。
  1. 2008/05/05(月) 12:35:16|
  2. 未分類