FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

素敵なBarをみつけました♪

3月は何かと忙しく久しぶりの更新となってしまいました。

昨日は娘と栄にあるTamari barというお店に行ってきました。娘と飲みに行くなんて初めてかもしれません、コーヒーを飲みにはしょっちゅう行くのですが。

少し前に娘が会社の人の誕生会を主催した夜、私はとっとと先に寝ていたのですが、遅くに帰って何やら枕元であーだーこーだと言っていたような気が…。次の朝聞いてみると「昨日のお店、すっごくよかった、マスターがひとりで切り盛りされてるんだけど真心こもっててすっごく感動!」とのこと。

しばらくしてmixiでマスターのコミュを発見、自己紹介を読んだらさらに感動したそうで。「国交省に25年お勤めされた後、脱サラしてお店を始めたんだって。さらにかーさんとおんなじようなこと書いてあるよ」と。早速見てみると「素人ですが、こんな店があったらいいな~と思って始めました」とか「お客様に喜んで頂けるのが最高に幸せです」と書いてあって…うれしくなって早速メッセージを送らせて頂くと、すぐにお返事下さいました。

昨日は夕方から栄に出かけたので、仕事帰りの娘と待ち合わせて行ってきました。(娘の会社は錦にあるので栄は徒歩圏内、でも昨日は寒かったー!)居酒屋はたまに行くけれど、barに行くなんて慣れてなくてちょっと緊張。でも恐る恐るカウンターに座るとそんな思いもどこへやら。とても楽しく素敵な時間を過ごすことができました。

忙しく動いていらっしゃるマスターをつかまえて、あれやこれやいろいろお話させて頂いたのですが、国交省時代の話やら、お店とお客様に対する思い、岐阜県出身名古屋在住など私と共通する部分が多くてホント感動!初対面なのに久しぶりにたくさんお話させて頂きました(いや、いっつもよーしゃべっとる)

Barがしたくて始めたんじゃない、人と関わることが好きで、人に喜んでもうことが好き…そうやって考えて行きついたのがBarだったそうで、私も占いがしたかったわけじゃない「『生まれてきてよかったー』とひとりでも多くの方に実感してもらいたい」とずーっと思っていたら、たまたま勉強を始めることになって…それは目的ではなく手段だったってことも。

お酒が大好きな友人が「女が1人でふらっと飲みに行ける店ないかなぁ」と言っていたのを思い出し、早速紹介しようと思いました。ここなら私でも1人で来られそうです。とってもあたたかい雰囲気のお店ですから。

先月来こういう素敵なご縁が続いています。世の中不景気ですが、利益を追求するのでなく、常に信念を持って、1人1人を大切にしようと自らの仕事にまい進していらっしゃる方と少なくとも3人ご縁ができました。うれしい限りです。

とはいえ、昨日私が注文したのはグレープフルーツジュース、娘がジンジャーエール、パスタとサラダ…何とも情けない限りです。ほとんど飲めないので、夜遅くに地下鉄に乗って帰るためには酔っぱらうと自信がなくて…。家まで送ってもらえるか、飲んだその場で即寝ていい時以外なかなか飲む勇気がありません。ホント情けないです。もうちょっと飲めるようになりたいですね。

http://r.gnavi.co.jp/n175600/
素敵なお店とマスターに乾杯
スポンサーサイト
  1. 2009/03/27(金) 07:37:10|
  2. 未分類

いつもほめられること!感謝されること!

昨日久しぶりに献血に行ってきました。私はひそかに献血が趣味で、機会があれば行きたいと思っています。岐阜の仕事の帰りに血液センターの近くを通るのですが、急いでいたり、時間外でなかなかチャンスがありません。昨日はたまたま余裕があったので、思いついてふらりと寄ってみました。

ここ数年は希望はしても、血液の比重が軽いからと門前払いも多いのですが、それでもちょこちょこ立ち寄っています。普段は粗食中心ですが、昨日はごちそうを食べた後だったし、先週来外食続きでたぶん栄養は足りているだろうと踏んで…。

検査の段階で、青い不思議な液体の中へポトポトと血液をたらすと、ゆっくりですが沈んで行きます。(うわ、めずらしい)「はい、大丈夫ですね」と太鼓判を押され、いざ献血ルームへ!携帯の電源を切り、ブーツは履いたままでOKとのこと、仰々しい椅子に座ると「志水さん、400mlはされたことないですか?」とのこと、「いえ、一度ありますが、いつもそれより比重ではねられて400どころじゃないんです」と言うと「今日はバッチリなんですが…」と言われたので「じゃ、お願いします」いとも簡単に400mlすることにしました。

そしてセーターの袖をたくしあげて肘の内側を出すと「うわぁ~立派な血管ですね!」そうなんです、いつもほめられるのは針の刺しやすい太い血管なんです。

「いやぁ本当にすばらしい」

別に私が立派でも、努力して勝ち得たものでも何でもないのですが、毎回看護士さんにほめられ、感謝されます。「全く血管が浮き出ていなくて、さらに細い方は看護師泣かせなんですよ、何度もやり直して…」「こういう血管の人ばっかりだとありがたいんですけどね。これから歳を重ねて行かれると点滴される機会もあるかもしれませんが、緊張するとさらに血管は細くなりますから志水さんはきっと大丈夫ですよ~」とも。

昔は採血にもっと時間がかかったように記憶していますが、昨日は3分かせいぜい5分くらいで終了。「ふわ~っとしませんか?水分たくさん摂って下さいね」と念を押されて椅子から降りました。飲み物飲み放題、お菓子食べ放題、10分は安静にとのことで待合室でのんびりしてきました。

「血管が太いのは神経が図太いのと比例しますか?」と聞いてみたかったのですが、忙しそうな看護士さん方ですから、さすがに遠慮しました。献血のできる健康に改めて感謝しました。
  1. 2009/03/04(水) 06:45:56|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。