FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東国原知事♪

私は5年前から東国原知事のファンです。タレントとしてでなく、ひとりの人間としてとっても素敵だなぁと思ってきました。

その証拠です。http://yukie219.blog46.fc2.com/blog-entry-113.html


今回、自民党から出馬要請があったとの一件で「総裁として…」との発言が問題になっていますが、私はますます素敵だなぁと思ってしまいました。

テレビではいろんな方がいろんな批判をされていますが、私はそういうことではないと思うのです。

彼は「総裁になりたい」のではなく、それくらい自民党を変えるつもりがあるのか?と聞いているわけですし、「知事を放り出して…」ってそれだって違うと思うのです。

人は何かが起こった時、その発言や事象だけにとらわれてあーだこーだと言いますが、どうしてそう言ったのか?なぜそこに至ったのか?その人の本意や背景まで考慮する必要があると常々思っています。

宮崎を捨てるのではなく、宮崎はじめ地方をよくするためには中央が変わらなければならない、だから一時は宮崎を離れる形になるけれど、それは回りまわって宮崎を地方をよくすることなのだから。

どうしても人は何かが起こるとびっくりして売り言葉に買い言葉になってしまいます。そんな時、一瞬深呼吸して、事の真意を考えてみると自ずと答えは見えると思うのですが…。

あー東国原知事、いい顔してるな~、顔って作りじゃないんですよね。内面がにじみ出てカッコよくなるんですよね。結果はどうであれ、世の中を改革させるためにがんばってもらいたいと思います。















スポンサーサイト
  1. 2009/06/25(木) 05:51:59|
  2. 未分類

人生はユーミン♪とともに

先週末、センチュリーホールでのユーミンのコンサート「TRANSIT2009」に行ってきました。ここのところレインボー改めガイシホールでの大がかりなものが続いていたのですが、今年はこじんまりとセンチュリーホールでの開催でした。

子どもがそこそこ手が離れてから毎年行っていますが、毎回思うこと、観客はみんなオバサン(失礼っ!)てこと。5、6年前にJRで行った時、友だちと金山駅で待ち合わせていったのですが、金山駅のホームがオバサンであふれ、電車に乗りきれず置いて行かれるほどオバサン、オバサン、またオバサン!

でも面白いのは「私はあなたたちオバサンとは違いますっ!」光線をみんなが一様に発しているところ。笑えます。だけどユーミンももう55歳、バックバンドも同じように歳を重ねてオジサンになっていたので、みんな揃って歳を取ってるんだなってしみじみ(笑)

いろんな人が来てました。コンサートが始まる前にツアーグッズを売っていたのですが、そこはやっぱりオバサン!すごい勢いで並びながらも辛うじてお品を保ち、いつものスーパーでの安売り騒動とはちょっと違う??そしてアンコールの合間にお手洗いに行ったのですが、ロビーで小さいお子さんをお守しているたぶんご主人とか。大半はオバサンでしたが、しっとりとご夫婦で来られている方も結構多く、わーおとなって感じ。

今回は車で行ったのですが、駐車場では遠くから来ている他県ナンバーはほとんどご夫婦みたいでレクサスとかボルボとか、ご主人の運転で連れてきてもらった風の奥様とか。帰りの出口に向かう車の列も誰も割り込みもせず、ちゃんとお行儀よく譲り合い。大人はやっぱりいいですねぇ。

さて、肝心のコンサートはもう感激!!私って何年ユーミンファンなんだろうって始まる前に数えていて、中学1年の頃からだから20数年?いえいえ30数年だわと思っていたら、いきなり「航海日誌」の弾き語り♪思わず知らず涙がこぼれ、ひとりハンカチ片手に泣いておりました(笑)

どちらか言えばしっとり聞かせる曲が好きで、「ベルベットイースター」「青いエアメイル」「やさしさに包まれたなら」「幸せになるために」など。あとは新アルバムの曲、一番好きな「夜空でつながっている」「まずはどこへ行こう」ノリノリだった「黄色いロールスロイス」では歌詞を変えて「小倉トースト go away!」って歌ってくれたように聞こえたんだけど、心当たりに聞いても誰も「わからなかった」って。いえ絶対ユーミンのことだから、名古屋人にそう歌ってくれたに違いない!

あー感激!泣いたり、笑ったり、踊ったり、座ったり、立ち上がったり、いろんなことして2時間を楽しませてもらいました。ちょっとユーミン太った?肩を出したミニのドレス、松坂慶子っぽかったけど。でもこの先がどうであろうと、ずっとユーミンの曲とともに人生を送ると思います。

やっぱりユーミンは天才だわ!日常を忘れる素敵なひと時でした。













  1. 2009/06/17(水) 18:57:03|
  2. 未分類

「母と子を結ぶ母乳育児」講演会

更新が遅れましたが、6月6日(土)岐阜県瑞穂市総合センターにて「母と子を結ぶ母乳育児」講演会を開催しました。4月に私が「ママの会」にお招き頂きましたご縁で、西ぎふ産婦人科の主任助産師:鷲見季予子先生にお忙しいところをご無理願って講師をお願いしました。

鷲見先生は、出産だけでなく産後の母乳外来に力を注いでいらっしゃって、困ったお母さん方の電話に365日24時間対応していらっしゃるそうです。それはご自身の産後のお辛い経験から、本当に意味のあるサポートをしようと思われてのことだそうでした。

現場の生のお話をいろいろお聞きし、食べ物は本当に大切だということを改めて痛感いたしました。今はお金を出せば何でも食べられる時代、けれどそれゆえに、何の知識もなく食べたいものを食べたいだけ食べていては本当に恐ろしい、ましてや赤ちゃんを産み育てようという思いがあるなら、赤ちゃんの体はお母さんの食べ物でできると言っても過言でないことを知ってほしいなど、もうとうの昔に出産した私も何も知らずにいて子どもたちに申し訳ないことをしたなと懺悔の気持ちでいっぱいになりました。

反対に、これから結婚、妊娠、出産される方々からは「貴重な話が聞けて本当によかった」「今日ここに来られたことに感謝します」などの感想も頂きました。

母乳で育てることはそんなに簡単ではないそうです。でも、赤ちゃんのためにお母さんが少しの知識と努力で、およそ1年間の授乳をやりぬくことは、これから育っていくお子さんのお手本となり、さらには赤ちゃんの健康や脳細胞の発達、人格形成にも非常に効果は大きいとも教えて頂きました。

出ないからミルクに切り替えるのは簡単ですが、そこを何とかしようという思いこそが赤ちゃんに伝わり、これから成長するまでよりよい育児のスタートにもなるとのことでした。

単なる専門分野のお話をお聞きするだけならこれほど感動もしなかったでしょうが、先生のお顔は本当にお品に満ち溢れて、また発せられるお言葉も本当に慈愛が感じられ、でもそれは信念を貫いてここまで歩んで来られた賜物と拝見しました。上辺だけでなく、本当に大切なことはたとえ少々嫌われても発信していくべきという姿勢には本当に頭が下がりました。なぜなら「赤ちゃんには健康に育ってもらいたいから」と。

ともすると患者さんに媚びたり、経営を優先させたりとの風潮の中で、これからも本当に大切なことを伝え続けていくことが最優先とのお言葉は、子育てに関わる私にとっても大きな励みとなりました。

本当に貴重な講演会でした。遠くから、またお忙しい中をご参加下さった皆さん、本当にありがとうございました。今後の生活に少しでも役立てて頂けますようにと祈っております。















  1. 2009/06/16(火) 08:00:37|
  2. 未分類

姓名鑑定はしますが…

何だか嫌なニュース!霊感商法だとかで「新世」という会社の役員が逮捕されたそうで。

姓名鑑定をしている身として、情けない限りです。おんなじように見られると困ります。

私は姓名鑑定はしますが、物は売りません。



確かに名前が悪い方は、やっぱりご苦労をされていることが多いです。

でも物を買ったり、お布施をするだけで、運勢は好転しません。

もちろん、改名したいというご希望の方には新しい整ったお名前はつけさせて頂きます。

それはあくまでも自分の気持ちと名前との二人三脚であって、新しいお名前になったのだから、心機一転がんばろう!という思いがなければ、絵にかいた餅に過ぎません。


それと、私が鑑定の勉強を始めた時、師匠に最初に言われたのは「悩んだ人に新たな悩みを与えてはならない」ということでした。

「名前を見てほしい」と言ってこられる方は、名前を見てほしいのではなく、何か困ったことがあって、もしかして名前が悪いせいではないか?と思われていることが多いので、そういう方に不安をあおるようなことは絶対に言うべからず、鑑定は開運補相であるべき「あなたにはこんな素晴らしいところがありますよ。そしてここをこうすれば、もっとよくなりますよ」ということをお知らせするようにと厳しく言われ、ここ10年そのようにして参りました。

ただより高いものはありません。

だから私は本当に見てほしいという方のみ、有料で見させて頂いています。

皆さんも気を付けて下さいね。

自分の人生は、自分の力で切り開けます。

一人でも多くの方が、さらにお幸せになって下さいますように。


















  1. 2009/06/15(月) 19:46:53|
  2. 未分類

ありがた自慢

今朝もしましたありがた自慢。

いつ頃からでしょうか、早朝に実家の母と長電話するようになったのは。子どもらがそこそこ大きくなって小学校に入った頃からですから15年以上になると思います。日中はお互いに忙しいので、早朝に「起きてる??」から始まって「ちょっと聞いて!」と電話で話しています。(母も私もすっごく早起きです)

当時は困ったことや愚痴を言っていたような気もしますが、ここ数年は「昨日こんなうれしいことがあった」「あんなありがたいことがあった」とお互いに感動を語り合うのです。午前4時半くらいから。

しかも以前は固定電話で、できる限り安くなるようにいろいろ工夫していたのですが、今では携帯電話のファミリープランで、何時間話しても無料!タダでゆっくり話せます。ホントこれこそがありがたいことです。

本当に最近は私も母も幸せいっぱいで毎日が感動の連続!無意識に口から出てくる言葉が「ありがたいねぇ」なんです。だから母と話すと楽しくて仕方ありません。たとえ困ったことががっかりしたことがあっても、一通りしゃべったあとに「でもね、これはこういう風に考えたらいいよね」と、愚痴を愚痴で終わらせず、必ずそういう経験こそがありがたいことととらえて終わるようにしているからです。

以前、こんな私と母の会話を聞いていた母のお友だちが「あんたたち、親子に見えない、それは親子の会話じゃない」ってびっくりされたこともありますし、私の友だちは「実家の母親とそんな前向きな会話をするなんて考えられない」と言います。本当におかげさまだと思っています。

さて、今日の自慢は「自分がいかに人から『若いっ!』と言われたか?」でした。父が母のお友だち数人から口々に「ご主人、若々しいね~」と言われて来たそうですが、父自身もセールスの人に「お若いですね~」と言われたので、あんまりうれしくて上がってお茶でも出そうかと思ったとか。そんなバカ話で朝から大盛り上がりしました。「お母さんも若く見えるよ!とても71歳には見えない、せいぜい69くらい」で大爆笑!

ありがたいことにまだまだ両親揃ってどちらも元気でいてくれますので、何となくいつまでもずっといてくれそうな気がしていますが、今のこの幸せをかみしめたいと思っています。

でも「いつまでもあると思うな親と金」これは忘れずに。













  1. 2009/06/04(木) 07:17:00|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。