スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イケメン二人が番組内で私について語ってくれた!

こんな光栄、人生になかなかあることではないでしょうね。

昨日のFM愛知19:00~内藤聡さんの「エンタメコング」にSing-Oさんがゲストに来られると聞いていましたので、メッセージを送ったんです。内藤さんと言えば、サタデーエクスプレスでは大変お世話になり、それ以来ポッドキャスティングでもご一緒させて頂いておりますし、Sing-Oさんは今年からですが「WEEKEND BREEZE」でのご縁です。

2月3日にSing-Oさんが初めてのアルバムをリリースされましたので、とりあえず買いました。聴いてみてびっくり!想像を超える感動でした。まず声がとても素敵!それに曲もどれも本当に心に響く曲ばかりちょっと本当にこれはお気に入りの1枚になりまして、その辺りのことをメッセージで送らせて頂きました。

そうしたらゲストコーナーにSing-Oさんが登場されていろいろ話があった後「西区の志水悠記衣さんから…(って住所まで言わなくても)」アルバムの感想などを読んで下さってから、内藤さんが「いやぁ志水先生には大変お世話になってます」Sing-Oさんも「僕もお世話になってます」とお二人が私の話を始められたんで、ドキドキしながら聴いていました内藤さんとSing-Oさんは実は同い年!だから今年は運気最高!って話から始まりまして。

前回の「WEEKEND BREEZE」の中で、Sing-Oさん体調がお悪かったらしいのですが、残念なことに2月は運気最低で、その辺りのことをどう考えるか?というお話を少しさせて頂いたんです。そうしたら、何気ない一言ですっごく救われたと喜んで下さって…そんな話をされてました。

「僕はまだ一度もお会いしたことがないので、どんな方かな~と想像してます」とSing-Oさんが言われると、内藤さんは…「とてもおきれいな方です!」とでも言ってくれるのかと思いきや(やっぱりウソはいけませんね!)「とても朗らかな方ですよ!」と言われてましたまぁ「暗い人」と言われるよりはいいですかねぇ。

それにしてもイケメン二人に語って頂いて、大変恐縮でございます。いつの日かSing-Oさんとは、岐阜のとある場所でお会いする約束がしてありますのでとても楽しみにしています。

http://ameblo.jp/sing-o 

Sing-Oさんのブログを拝見したら…FM愛知の前にはRadio-iに出演されたらしく、須藤理弓さんとのツーショット!理弓さんとはZIP-FMでご一緒させて頂きまして以来ですが、お元気そうなお顔!

皆さん、がんばっていらっしゃいますね。私もがんばります!

























スポンサーサイト
  1. 2010/02/10(水) 07:29:32|
  2. 未分類

「ラブリーボーン」

1月の忙しさも一段落。なかなかメリハリのある時間の使い方をしていないことを反省し、たまには気持ちを切り替えようと、映画を見てきました。

遊ぶのが苦手、時間があれば家にいて何となくダラダラ過ごす日常、たまった仕事をしながらダラダラし、用がある時は仕事の帰りについでに寄ってくるので「今日はお休み!」と言って誰かとわざわざ出かけることはまずありません。

ちょっとリフレッシュもしたかったので、一人で見ました「ラブリーボーン」テレビのCMで見て何となくいいな、思いっきり泣いて来よう、と思ってです。

近所の映画館のモーニングショーは曜日にかかわらず1000円なので、11時から始まるのに行ったのですが、空いてました、143人収容のところ、たぶん6人。周囲を気にすることなく思いっきり浸れました。

14歳の主人公が、隣人に殺されてしまう…というところから物語は始まったのですが、家族の愛やらを期待していたところ、いい意味で裏切られ、思わぬ展開で楽しめました。主人公の女の子、すっごくかわいいし、14歳らしく純粋で、心洗われる思いがしたのと、実は猟奇殺人なのにそれを感じさせない、何とも不思議なストーリーで、結末はすっごく深かった。

帰ってから、作品のレビューを見たら、よい悪いが両極端に分かれていましたが、私は結構気に入り、よかったと思いました。14歳の切ない思い、子どもを失った親の悲しさ、それこそ周囲を気にせずずるずる泣きましたけど(笑)。

ただ…主人公が思いを残した、恋のお相手の男の子、うちの長男によく似ていて少々複雑(笑) 天国に行く前に、別の人の体を借りての最初で最後のキスシーンがあったのですが、やっぱりどう見ても「やだ、こーちゃんみたい」と苦笑い。せっかくのすてきなシーンが台無し。仕方ない、誰のせいでもないんですけど。

考えてみたら映画を見たのは3年ぶりでした。2時間少々別世界を漂うことができて、何とも言えない心地よい気分です。ラブリーボーンって、愛しい骨って意味だったんですね。あー本当によかったです。
















  1. 2010/02/06(土) 12:52:37|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。