スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新幹線の中で

先日仕事で茅ヶ崎へ行った帰り、小田原から新幹線に乗りました。こだまでのんびり帰ろうかなとも思ったのですが、たまたま次の熱海に停車するひかりがあったので、それに乗り換えて帰りました。

日曜日の夕方、ひかりの車内はほぼ満席、いつもはC席(3人掛けの通路側)を希望するのですが、今回は空いてなくD席(2人掛けの通路側)になりました。以前はE席(2人掛けの窓側)に好んで乗っていたのですが、たまたま満席の時、隣に座られたおばさまが幅は取るわ、寝入って起きないわで、降りようとして何度「すみません」と言っても全く気付かれず寝たまま、見るに見かねた周りの方が私のキャリーケースを受け取ってくれ、私はそのおばさまと荷物をまたいで降りるという経験をして以来、窓側は止めました(笑)

で、今回は窓側には年配の男性が座っておられました。(感じのよさそうな方でよかった…)軽く会釈をして座り、熱海駅で買った駅弁をパクパク食べていたのですが、次の静岡に近づいた頃、その方が降りる準備か、上着を着始められました。席に座ったままですからなかなか袖が通らず苦戦しておられましたので、思わず「お手伝いしましょうか?」と声を掛け、上着を引っ張って差し上げました。

すると「ありがとうございます。私、障害があって手が不自由なんです。お食事中にお手間取らせてごめんなさいね」と言われました。あー何となく手が震えて見えたのは、単に年齢や席が狭いせいでなく、障害のせいだったんだーと思っていますと、その紳士が話し掛けてこられました。


紳「今はね、いい時代ですよ。私らみたいな障害者に、世の中は本当にやさしい。いつもは家内と二人で出かけますが、二人で一人分の乗車券で乗せてもらえるんです」

悠「そうなんですか」

紳「それにね、今の医学は素晴らしい!私は60歳から10数年の記憶がないのです。倒れて以来ずっと寝たきりで、一時は親戚一同集められて『もうダメ』と言われたこともありました。でもね、7年ほど前に手術をしてから奇跡的に回復し、こんな元気にしてもらえました。本当にありがたい」

悠「そうですか…失礼ですが、おいくつでいらっしゃいますか?」

紳「満80歳です!」

悠「えー?とてもそんなふうにはお見受けできません」

紳「ありがとうございます。あのね、あなたはまだお若い。でもね、今後もし病気になられて、あってはならないけれど『もうダメ』と言われても、絶対にあきらめてはいけませんよ。今の医学は本当にすぐれています。必ず助けてくれます。」

悠「そうなんですね。ありがとうございます。」

話をしながら降りられる準備が整ったようでしたので、テーブルを片付け、席を立ち「どうぞ」と通路を空けました。

紳「お食事中に本当にごめんなさいね。本当にありがとうございました。」

悠「こちらこそ、ありがとうございます。どうぞお気をつけて。」


今の世の中は…と嘆く人が大半の中で「今の世の中はやさしい」と言われた紳士…感謝の気持ちがあるから奇跡が起きたのか、奇跡が起きたから感謝をされるようになられたのか、それは定かではありませんが、本当に80歳には見えない、肌などつやつやでとても笑顔のすてきな方でした。

乗降口へゆっくり歩いて行かれる後ろ姿を見送りながら「どうぞお元気で」心からお祈りしました。きっとほんの1、2分のできごとでしょう。それにしても満席でうんざりの車内で、心温まるとても素敵なご縁でした。

















スポンサーサイト
  1. 2010/04/24(土) 08:06:51|
  2. 未分類

ローカル線の旅

完全な専業主婦を16年続けたのち、初めて社会へ出て仕事をするようになって10年経ちました。仕事を始めた頃はまだ子どもらも高校生、中学生、小学生でしたので、本当に目の回る忙しさでした。

主婦時代に勤しんでいた趣味の一つガーデニングも、日中家を空けるようになるとなかなか手が回らず、中途半端に手入れできないのもかわいそうだと思い、「仕事が軌道に乗るまでは趣味はお預け」と決め、ガーデニング用品一式を母に引き取ってもらいました。ガーデニング以前から勤しんでいた洋服作りも半間の押し入れにいっぱい買い込んだ布地を、ほしい方に全部無料でもらって頂き足を洗いました。お菓子作り、パン作りは二男が引き継いでいますのでその道具一式はそのままですが。

先月おかげさまで二男が20歳の誕生日を無事迎え、子育てもほぼ卒業、今は仕事だけに没頭できるようになりました。そんなわけで何となく、気分転換に楽しめることをしたいな~と日々思っていたのですが…目覚めてしまいました、タイトルにあります「ローカル線の旅」です。

何となく自分でも気づいていたのですが、昔から乗り物好き、車の運転も大好きで、結構走り屋だったし、地図を見るのがとても好きで、愛読書は道路地図!というくらいいつも地図を見てました。それと電車が好きで、これを言うとみんなに笑われるのですが、名鉄の名古屋駅で2分おきに入ってくる電車を見るのがすごく楽しく、急いでいない時はずっとここで電車を見ていたいなといつも思っていたし、走り抜ける新幹線を間近で見られるスポットを日々探して見に行ったりしていて…まさしく私は「鉄子」だったのです。

普通の女性が好きな、服もバッグも靴も最低限あればいいと思うし、もちろんブランドにも興味なし、ウインドウショッピングも嫌い、もっと言うと(好きな人ごめんなさい)雑貨屋とかがすっごく苦手…とにかく「物」に興味がなく、お酒も飲まない、もちろん煙草も吸わない、特別なグルメでもない…「いったい何が楽しくて生きてるの?」よく聞かれますが「人様のお幸せのお手伝いすることかな」な~んて答えていました。

そんな私が昨年とうとうデビューしたのです!青春18切符でのローカル線の旅、しかも一人旅です。時刻表の拡大コピーと鉄道地図をもってきままに一泊二日で出かけました。いやぁすっごく楽しかった。はまってしまいました。

ひなびたローカル線に揺られながら、車窓からぼ~っと景色を眺めたり、気ままに本を読んだり、音楽を聴いたり…。時刻表で乗り換え駅を決め、また決めておいてもふらっと思いたつと「ここで降りてみよう」と見知らぬ駅で降りたり…で、観光が目的ではないので、駅舎を眺めたり、写真を撮ったり、別にどこに行くわけでもなく、電車に乗るのと駅を見るのが目的なので、私は完全な「乗り鉄」でしょう。

友だちや家族は「えー?一人で?そんな寂しい…」と一様に言いますが、一人の気ままさは何にも代えがたいものです。もちろん人は大好きですが、日頃から一人の行動も平気なので、今後もますますエスカレートしそうです。

昨年は9月に東海道線で伊東まで行きました。青春18切符は春、夏、冬のみの発売ですので、さすがに年末年始は忙しく行けませんでしたが、2回目の今回は春休みに鎌倉の向こうの逗子まで行ってきました。途中、御殿場線に乗ったり、帰りは身延線に乗ったり、まだまだ初心者ですので、せいぜい片道8時間程度が限界ですが、この夏は中央線経由で東京まで行ってみようかな?などと思っています。

伊東には一人客歓迎の貸切露天風呂のある温泉も見つけたし、今後も楽しみが増え続けそうです。今まで仕事の合間に何となくできることしかしていませんでしたが、これからは年に数回のローカル線の旅を楽しみに日々の仕事に邁進しようと思っています。


























  1. 2010/04/24(土) 07:31:43|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。