1粒で4度おいしい東京1dayスペシャル!その2

舞浜から東京駅経由で新宿まで行ったのですが、11時半過ぎには着いてしまい、田舎者で都会に慣れない私はすごい人波に気が狂いそうになりながらもただ立って待っていました。この日、息子は美容院に行ったらしく終わり次第合流することになっていたのですが、待てど暮らせど連絡がなく、ようやく12時過ぎに「今終わったから今から向かう」とのこと。さらにはお昼を食べたいと。で、結局12時25分に着。(あの~私、12時50分には退散したいんですけどぉ)

とにかく駅を出て、適当なところへ入り一息つきました。お互い渡すものを渡し、急いで食べながら近況報告をしました。名古屋にいた時の美容師さんから表参道の美容院を紹介してもったそうで、なかなかのスタイルになっていました。妹が「え?新宿で待ち合わせって、何ぃ一番地元に根差したような田舎者の二人が」と笑っていましたが、本当にそのとおりです。本当は息子の住まいへ行くといいのですが、3DKに見知らぬ3人が寮暮らしのため、それもままならず…滞在時間20分程度で「じゃあね」と別れました。

それから急いで講座の会場へ向かい、何とか1時少し前に到着。それから4時間半、みっちり勉強してきました。午前中にディズニーランドまで行き、さらにはチケットを人にあげた話をしたら大爆笑されましたが(笑)。あんなにくたびれた後だったのですが、いつも気合いを入れて行っていますので、まったく眠くもなく充実した時間を過ごしました。

その後、懇親会にも少し参加させて頂き、勧められてビール1杯くらい飲もうかなとも思ったのですが、ふとかわいい甥っ子の顔を思い出し、いえいえここで飲んだら帰りがどうなるかわからないと思って、ウーロン茶にしました。とはいえ私は、普段全く飲みませんので、人が飲んでいても全然平気です。飲み会の運転手も買って出られます。

話に花が咲いて名残惜しかったのですが、妹から「雨も降ってきたらそろそろ引き上げて先に駅へ行ってるね」とのメールに私も一足お先に失礼し、東京駅へ向かいました。帰りは20時ののぞみの予定だったのですが、30分以上前には着いてしまい、ホームで待っていると、ミニーちゃんのカチューシャをした甥っ子が向こうの方から走ってきました。かっわいい~♪

もうノリノリで、本当に楽しかったらしく、いろいろ話してくれました(妹が)。お互い別れてからの半日間を3倍速でしゃべりまくっていると、ようやく列車が到着、乗客が降りた後、よくテレビで見るような達人技でピンクの制服の女性たちが列車内をお掃除されていました。それをホームからあーだこーだ言いながら眺め、ようやく10分前に乗車。行きも帰りもほぼ満席。皆さんもあちこちへお出かけなんですね。

そうそう、このプランには300円のドリンク券も付いていたため、甥っ子に「動くコンビニが来るよ~」と言って見せてやろうと思ったのですが、「車内販売も利用できるが、できれば乗車前にキヨスクで引き換えよ」と書いてあったせいなのか、ワゴンサービスの男性が感じ悪く、チケットの端が切り取られていなかったとかで「端は要りませんから!」言い放たれ…。せっかくの動くコンビニにちょっとがっかり。

同じようなディズニー帰りの母子も車内におられましたが、お子さんがぐずりだいぶ騒いでいて大変そうでしたが、甥っ子はわりとお利口さんにしていてくれたため、助かりました。器用にipodを使いこなしたり、撮ってきたばかりのミッキーとの映像を見たり、あっという間に名古屋に着いてしまいました。

帰宅したら22時20分、早朝から夜遅くまで、内容盛りだくさんの濃い~一日でした。一人旅も好きだけれど、やっぱり気の合う者同士は楽しいですね。本当に楽しい有意義な一日になりました。

でも…当日は気が張っていたし元気に動き回れましたが、翌日でなく翌々日辺りから疲れが出たのは歳のせいでしょうか。月曜日はほんとげんなりしてました。とほほ。。。

あ!ちなにみこのツアー6月30日までだそうです。普段は19800円らしいのですが、4月20日~6月30日は震災後の特別企画だったそうです。悪しからず。
















スポンサーサイト
  1. 2011/06/28(火) 08:46:32|
  2. 未分類

1粒で4度おいしい東京1dayスペシャル!その1

先週末、妹親子と東京へ日帰りで行ってきました。事の発端は娘が先々週、ディズニーシーへ行ってきたお土産を甥っ子(娘からしたら従弟)に渡したところから始まったのですが。

なんでも娘も友達に誘われて行ったらしいのですが、名古屋⇔東京(舞浜)往復新幹線+ディズニーランドのワンデーパスポートが15,500円!!びっくりするほど安く、それを聞いた妹が、親子二人で行こうかな?と思ったらしいのです。甥っ子はこの夏で3歳になりますが、今はまだどこへ行っても無料の2歳なので。

で、妹が「行きたいけど迷ってる」と電話をくれたので、「え?私、土曜日東京へ行くよ!よかったら一緒に行こうよ!」ということになったのです。通っている講座が午後からあるので、元々行く予定はしていたのですが、新幹線にパスポートがついて15,500円とは…普通に新幹線で往復しても20,000円は下らないので、そんなにお値打ちなら即一緒に行こうとなったわけです。

さんざん盛り上がった後、JR東海ツアーズのサイトを見たら、もうすでに「受付終了」となっていたので、あっけなく夢は破れ、二人で「なぁ~んだ」とがっかりしました。それが火曜日の朝で、昼になって妹から「電話したらまだ受け付けてるって」とのことで、本当に3人で行くことになったわけです。

お恥ずかしながら私は未だかつて一度もディズニーランドへ行ったことがなく、これからも行く予定もなかったのですが、いい機会ですので、ちょっとだけ便乗しようと思いました。(あまり興味はありませんが)

1粒で4度おいしい1つめが、妹と甥っ子と新幹線に乗ること、2つめはディズニーランドへ行くこと、3つめはもちろん午後からのお楽しみの講座を受講、そして4つめは東京に住んでいる長男に会うこと。お楽しみ満載の1日だったのですが、長男から「夜、飲み会だから来るの昼間にして!」との要請、えー?これはディズニー行っとれんわと思ったのですが、何とか1粒4度の企画をしてみました。

当日は、名古屋駅の改札で7時半に待ち合わせ、いざ出発!まぁ車中、妹と二人であれやこれやどうでもいいことをしゃべりまくり、甥っ子も窓から見える景色に大はしゃぎで何とか東京駅着。京葉線に乗り換えて、舞浜まで。噂には聞いていたけれど、乗換え遠かったー。で、10時過ぎに舞浜へ着き、ディズニーランドまで歩きました。さすがは土曜日、すごい人の列、小雨の予報に折りたたみ傘を持って行ったのですが、薄日が差してきて、たぶん日傘代わりに雨傘さしていたのは私一人でした。

入口へ着いてチケットを引き換えたのですが、息子と12時に新宿駅で待ち合わせをしたので、結局中には入らずに入口で雰囲気だけを楽しんできました。たまたまミッキーが入口すぐのところへ現れ、妹親子がうれしそうに写真を撮るところを見届けたので、さっさと帰ることにしたのですが、さてチケット!これ、6200円です。もったいないなーと思い、最初は誰かに買ってもらえたらとなどと話していたのですが、もともと新幹線代を安く上げるために買っただけなので、どなたかにもらってもらおうと思いました。

そこで、チケットを買う行列の近くへ行き、カップルじゃなく、友人同士じゃなく、小さい子連れでない、一番幸せそうな親子さんにしようと物色したところ、「あの人にしよう!」そう決めた相手は、小学生の女の子二人と品のよさそうなお母さんの3人連れ。列の横からさりげなく近づき、「突然すみません、これよかったら使っていただけませんか?」斯く斯く云々とわけを手短に話すと、最初はきょとんとしてみえましたが、「それなら買わせてもらいます」と言って下さったのですが、周囲の視線を感じ始めたので「いえいえお願いします!」と手渡して、さっさと退散しかけたら、後ろから「ありがとう!!」とかわいい女の子二人の大きな声が。(あーよかった)振り向きもせず、すたこら歩いて戻りました。

いきなり迷惑だったかな?そう思わないでもなかったのですが、たった1時間程度のためにチケットを使うのも憚られたので、もらってもらえてよかったと思いました。そうして11時前の電車に乗り、新宿へ向かいました。(つづく)















  1. 2011/06/28(火) 08:45:40|
  2. 未分類

ユーミン コンサートツアー2011 Road Show ♪

2年に一度のお楽しみ、ユーミンのコンサートに行ってきました。ファンクラブに入っているわけではないけれど、抽選でかなり前の方、しかも真正面の席が当たりました。ところが今回は一緒に行ってくれる人がいなくて最後までやきもきしましたが、結局、一番仲良しの友人が仕事を休んで付き合ってくれました。

夕方からいそいそと出かけていきましたが、ユーミンも今年で57歳!彼女はいつまでも若々しいのですが、私たちファンは確実に歳をとっていきます。毎回悲しいのは、会場で出会うおばさんたちが本当におばさんになっていくこと(笑)もちろん私もそのうちの一人なわけですが、ユーミンに失礼のないようにとりあえず普段はめったに着ない一張羅ワンピースを着て出かけました。(一張羅って今じゃ死語??)

今回のテーマは「Road Show」のとおり映画、前々回までの、スケートあり、サーカスあり、プールありの大々的なショーではなく、コンパクトだけど内容盛りだくさんに作りこまれていて、本当に感動でした!

57歳にして、2時間半、あれだけ飛んではねて歌って…本当に命がけですね!途中10秒くらいでドレスから着物に着替えて「大連慕情」ピアノの弾き語りで「静かなまぼろし」会場と大合唱の「少しだけ片思い」あ~楽しかった。

何といってもユーミンのファン歴36年!昔はどの曲もすぐに歌詞もタイトルも出てきたけれど、今では「歌えるけどタイトルがわからない」曲ばかり(悲しい~)4月に発売されたアルバムと、今までの300曲以上の中から曲を選んでいるから、本当にバラエティーに富んでいます。発表された曲はどれくらいあるのか調べたら1973年のデビュー以来、384曲♪

384といえば易経といっしょではないですか!易は八卦×八卦×六爻=384 う~ん何か因縁めいたものを感じる。。。


話がそれましたが、途中でユーミンがこんな話をしてくれました。


映画の結末って どこか救われる感じのものが多いけど 

本物の人生はもっとあいまいで煮え切らなくて 

結論が出ないまま終わっていく 

NGカットや使われなかったカットをたくさん抱えながら 

それをどうすることもできずに  

人はみんなそれぞれの人生の主役を演じ続けていく 

目に映るスクリーンも耳に聞こえるサウンドも 

全部自分が中心だから 

いやでも人は一生主役を演じなければならない… 

でも実はそういう筋なきストーリーが私はいちばん好き 

一人一人の人生そのものが実は最もドラマチックだと私は思います
 

じーん。。。本当にそうだなと思いました。しんみりさせた後、「でも重い映画もいいけれどやっぱりSFもね」というわけで、宇宙人?のようないでたちで「Mysterious Flower」途中、声が裏返ったりも何度かあったけれど、反対に実際にちゃんと歌ってるんだという熱意が伝わってきて、私が57歳になったとき、あれだけエネルギッシュにいられるのかななんて思いました。

アンコールの最後は「ダンスのように抱き寄せたい」これは昨年の映画「RAILWAYS~49歳で電車の運転士になった男の物語」の主題歌!本当にうれしかった。なぜならあの映画は2回も見に行ったし、感動して実際に島根まであの電車に乗りに行ったくらいですから

あ~本当によかった。

ユーミンが歌い続ける限り、私もずーっと愛し続けようと思っています。感動の「真夏の世の夢」でした♪























  1. 2011/06/20(月) 07:47:26|
  2. 未分類

不幸中の幸い

久しぶりの日記です。忙しくてなかなか書けませんでした。

4月頃からパソコンの画面がチラチラすることがあって、「??」とは思っていたのですが、先日とうとういきなり画面が真っ暗に!!チラチラし始めたころから、一度エイデン本店の渡辺さん(私の中ではパソコン・家電の神様です:どんな困ったことでも徹底的に力になって下さいます:さらにはプリンターのインク1つ買うだけでも徹底値引き:時々「上司に叱られない?」と心配になるくらい…)に診てもらおうと思っているうちに「ぶちっ」ただし、念のためデータはすべてバックアップしてありましたのでセーフ!(不幸中の幸い)

「3年たったらそろそろ寿命です」

修理してもらうとしても結局いつかは買うわけだし、その間なくても困るからと結局新しいパソコンを買うことになったのですが、ここのところいろいろ物入りで、やだなぁとは思ったのですが、背に腹は代えられません。

最新の夏モデルを勧められ、まぁせっかく買うならいいの買っておこうかなと思ったのですが、色が黒、赤、茶しかなく、どう考えても私の部屋にこれらがで~んとおいてあるイメージが湧きません。「色が嫌だなぁ、白かシルバーがいいな(ラッキーカラーだし)」と言いながら考えていると「ぴかっ!」ひらめきました!

「現品限りとかのお値打ち品ないですか?」

最高のを手に入れるのは私の性に合わないんです。スーパーで買い物する時も値引きシール貼ってあるのが大好き(どうせ新しいの買ったって、うちの冷蔵庫に何日も寝かせていれば結局古くなっておんなじだから)とつぶやきながらいつも買ってます(笑)

そんなわけで渡辺さんに探してもらったら「ありましたよ!しかも白」春モデルがかなり値引きされて現品限りでありました。聞けば夏モデルは5月20日に出たそう。

「じゃ私、5月19日に来たことにします!!」(←すごい理屈)

もちろん夏モデルに比べれば、何もかも劣るけれど、今使っているのよりは数段上だし、何しろ白くてキラキラしてるのに一目ぼれ!!

「これってもう値引きできないですよね?」(←厚顔のおばさんまる出し)

「あと5000円引けます」

というわけで、それに決めました!出始値より58%引き!さらに、こういう時のために日頃からコツコツポイントためていたため、結局さらに1万円引いてもらって、すご~くお値打ちに入手できました。

しかも!真っ暗な方のパソコンは、たぶん画面がダメになっただけで、本体は正常に機能しているため、とりあえず家のテレビにつないで操作すれば、何とかデータを取り出す間くらいは使えることもわかりました。(不幸中の幸い)

で、その日の朝一番にエイデンに行こうと支度をしていると、歯磨き中に「ガリっ!」詰めてあったのが取れてしまい、ダブルパンチでしょげていたのですが、夕方歯医者にすぐに予約でき、さらには「これ使えますよ」と元のさやに収めてもらって「はい、終わりです」これも不幸中の幸い。

日々何が起こるかわかりませんが、あわてず騒がず楽しくこなしていこうと改めて思いました。実はこれが6月1日、そのエイデンに向かう途中のコンビニでもがっかりする出来事があって、「何?6月早々3つも重なって、今日は三隣亡?」と一瞬思ったのですが、「いえいえ、6月分のアクシデントを今日すべて受け取ったから、きっと残りの6月はいいことばっかりだわ!」と思い直しました。

不幸中の幸いに本当に感謝感謝の一日でした。






















  1. 2011/06/02(木) 07:51:15|
  2. 未分類