スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

10/24の中日新聞に…

我が家は、ごく普通に中日新聞を取っています。朝、パラパラっと目を通して、後でじっくり読むためのラックにためておき、後で読めればいいのですが、そうでないと、あきらめてまとめて収納庫行きという運命をたどっています。

先日も収納庫行きの運命をたどる新聞にちらりと「中日教育賞」という見出しを見つけ「へぇどんな人が表彰されてるの?」と何気なく見てみると…「あー!!」なつかしい先生を見つけました。

それは「長尾正」先生!小学校の時の合唱団の先生でした。

私は小学校4年から6年まで、各務原児童合唱団に入っていました。今思うと、どうして入団したのでしょう??確か母に勧められてテストを受けたと思います。(一応形だけの入団テストがありました)毎週土曜日の午後、学校が終わってから、電車に乗って練習場所まで通い、2時から4時まで練習。夏にはひるがの高原にて2泊3日の合宿、定期演奏会前は、平日の夜にも練習がありました。

4歳からピアノも習っていたし、音楽は好きだったので、楽しく歌っていたと思います。でも、最初はパートがアルトだったのに、5年生になってメゾソプラノに変えられて…あれ、いやだったなぁ、アルトは地声で歌えるけど、メゾって微妙で、いつもアルトに戻りたいと思っていました。

各務原市内の学校からいろいろな子が来ていて、私は各務原でも田舎の方だったけれど、結構進んでる学校の子たちからいろんな情報を聞いて「へぇ~」といつも驚いていた記憶があります。あの頃みんな「フィンガー5の晃と結婚したい!」とか真剣に言っていたし(笑)、こっくりさんを教わってきて、自分の学校で流行らせて大騒動になったことも…。なつかしい思い出です。

それで、長尾正先生。御年80歳、私がお世話になっていたのは30数年前のことですが、お顔はやっぱり変わられず。

****************************************************

「地域を中心とした合唱活動を通しての青少年育成」
 岐阜各務原児童合唱団を創設して42年。80歳になった今も指導に立つ。「合唱を通じて集団生活を学んでほしい」
 駆け出しの中学校音楽教諭時代に、コンクール形式の合唱祭を導入。生徒が学級歌を作り、半年かけて練習した。オリジナルの歌への愛着とクラス対抗で盛り上がり、生徒は競って歌うように。感動で涙を流す生徒や教諭の姿もあった。
 成功体験は瞬く間に周辺の他校へ広がり、合唱団の発足や連盟の設立へとつながった。
 合唱には不思議な力があると信じる。「心が一枚岩になる瞬間がある」理想の歌声を追い求め、見えてきた答えは「ベースは個々の人間性と信頼」日々、子どもたちに伝えている。

****************************************************

練習は結構厳しかったです。それでも演奏会の本番では、右手で指揮棒を振りながら、胸の前で左手でOKと相図して下さった先生の姿は忘れられません。先生の温かさは、当時は小学生の私にもよくわかってたつもりです。とても楽しく充実した3年間でした。

これからもますますお元気でご活躍されますように。何十年ぶりに一度お目にかかってみたいです。

































スポンサーサイト
  1. 2012/10/29(月) 08:36:28|
  2. 未分類

友達の結婚式

タイトルの「友達の結婚式」ですが、私は一度も出たことがありません。式、披露宴、2次会…皆無です。

土曜日は娘の友達の結婚式でした。しかも午前、午後と重なって。午前は大学の友達で、受付を頼まれ、午後は小中からの地元の友達で余興を頼まれ…。この1ヶ月、その余興の準備で心身をすり減らし、本当に大変な思いをしていたようです。イライラしたりブツブツ言ったり、そばで聞かされるこちらもたまったものではありませんでしたが、「誰も知らないところで善行をすれば、必ず天の蔵に貯金されてるよ」と励ましていました。

会社の仕事も忙しく、ここ1年ほどでさらに痩せてしまい、式に来ていくドレスもぶかぶか…親としては心配なところですが、こんな思いまでして、友達のために準備できるって、素敵なことだなぁと横目に見ていました。思い出ランキングということで、小学校の頃からの思い出をベスト5で選び、写真と音楽とコメントで数分の映像にまとめていたようです。

早朝より出かけ、帰宅したのは夜遅かったのですが、前日までの緊張と打って変わり、ニコニコ顔で「DVDすご~く喜んでもらえた!!」と帰ってきました。さらには「独身女性だけのクジでブーケが当たって、全員のクジでは一等のディズニーのペアチケットが当たった!!」とのこと。「母さんの言う『天の蔵』ってやっぱりあるんだねぇ」

よかったー。親としてもホッとしました。実家の母まで「ブーケもらって来られるといいねぇ」と言っていましたが、本当にそのとおりに。いよいよ次は娘の番でしょうか。小中、高校、大学、会社の人、今までにどれだけ参列したかわからないくらいだそうですが、たくさんの式を見てきたから、自分の時は参考にできると意気込んでいます。

早くその日が来てほしいなぁと切に願っています。(「できれば地味にやってほしい」と言ったら叱られました)

さて、私が友達の結婚式に呼ばれたことがないのは…もともと友達が少ないのもありますが、早くに実家を離れて小中の友達とは疎遠だったし、高校の時の一番の友達はたぶん今も結婚していないし、私自身が早くに結婚して、それ以来の友達は皆ママ友…そうみんなもう結婚してました(笑)だから兄弟か親戚の結婚式にしか出たことがないという、寂しい人生です。















  1. 2012/10/29(月) 07:34:57|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。