「e-NIGHT」最終回♪

3月31日 FM愛知「e-NIGHT」が最終回ということで、スタジオにお邪魔してきました。

たまたま私の出演させて頂いているコーナーが月曜日で、今回31日が月曜日ということで、本当に最後の最後と重なったわけです。

パーソナリティの真依さんに「お疲れさま」の気持ちを込めて、花束を用意させて頂いたのですが…何分素人の私のこと、局内でのやり取りを見ながら、あー知らんかったとは言え顰蹙者だとすぐに悟りました。

今回、私は10月から半年間、毎週月曜日の「フォーチュンテリング」コーナーで、リスナーさんのお悩みに応えさせて頂いたり、運勢をお伝えしたりしていましたが、おかげさまで、その放送を聞いて、お店にお越し下さったリスナーさんが多々いらっしゃって、ありがたい限りでした。

それと、今回本当によくわかったのですが、番組、さらにはパーソナリティの方の雰囲気で、リスナーさんは異なるのだということ。ほんわかされたパーソナリティの荒川真依さんのお人柄そのままというようなリスナーさんが多かったです。

お越し下さる皆さんが、「真依さん、大好き」「仕事が終わった時間帯に癒される~」とおっしゃるので、放送前にそれらもお伝えした次第です。番組に対して特に発信はされないリスナーさんの生の声を聴けるというのは本当に貴重なことでした。

最終回ということで、制作会社の偉い様もスタジオに来られており、隅っこの方で出番を待ちました。出番に対して緊張はしないものの、偉い方がいろいろ話しかけて下さるのには緊張しました^^;


本当は今回は4月の運勢を簡単にお話する予定だったのですが、最後ということで、駆け込みの相談メールが何件かあり、せっかくなので、そちらを即座に鑑定してお答え致しました。やはり生放送っていいですね。予定通りでないことがあって。

私はそういう突発的なことが好きな性格で、予め事前に事細かにきちんと準備するのは苦手ですが、臨機応変はかえってアイディアが湧くので、(もちろんそれで失敗も多々ありますが)きっとこういうことは合っていると思います。

普段は自宅にて電話出演の形でしたが、以前も放送直前にディレクターさんから電話があり、「タイムりーなメールが来たので内容差し替えでお願いします」とか「急遽CMが増えたので、今日は短めにお願いします」とか。原稿を書き換えたり、削ったり、そうして本番に間に合わせるというのもスリルはありましたが、楽しかったです。

さて、放送の最後の最後、感極まって涙声の真依さん。本当に純粋で、一生懸命な方!見ていて微笑ましい。すべてが終わった時、局内のスタッフの方が集まって来られ、お花やプレゼントを渡されたのですが、どうやら大きな花束はご迷惑な感じで、小ぶりのおしゃれなお花を渡していらっしゃいました。(何にも知らずに持ってきてしまった私はホントお恥ずかしい)

最後、全員で記念撮影が行われたのですが、お若い方々に混ぜて頂いて恐縮しながら一緒に写して頂きました。「じゃあ、今度は女子だけで」と言われた時「え?女子?入ったら申し訳ないかな??」と迷うくらい皆さんお若くてかわいい方々でした。(ひとりおばさんで失礼しました)

4月から、真依さんは別の番組に出演されるそうですが、本当にこれからもご活躍頂きたいと願うばかりです。半年間、とても貴重な経験をさせて頂きまして、本当にありがとうございました。

お聞き下さった皆さま方、ご協力下さった皆さま方、ありがとうございました。心からお礼申し上げます。































スポンサーサイト
  1. 2014/04/03(木) 07:22:19|
  2. 未分類