FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

携帯電話紛失に天の救い

お久しぶりです。
先日、所用で出かけた時のことです。道が混んでいて、かなり焦っていて、現地に到着して、車から走って降り、会場で準備をしていますと、「あれ?携帯がない…」車に忘れてきた?あわてて車まで走って戻り、(この日に限って駐車場が空いてなくてかなり遠くに置いた)探してみたが、ない!「あれ?じゃあサブバックの方に入れたのかな?」また、駐車場から走って会場へ戻り、サブバックを探すもない!「えーーーー??どこ行った??」

朝、出がけからバタバタしていた自分の行動を思い出してみるのですが、確か、橋の手前で信号待ちの時、二男のメールに返信したはず。あれ?家を出る前だったかな?いや、渋滞してて長く止まってたから確かに車の中だった。持って出たから絶対車の中にはあるはず…。おかしいなぁ。それでももう時間もなかったので、一旦携帯のことはさておいて、用事をしていました。

それでもその1時間半程度、「落としたのかなぁ?」「でも落としたら、あんな重いもの、気付くよね。絶対、車の中にあるよ」次から次へといろんな思いがよぎります。

私は、案外気持ちの切り替えや、物事を別の角度から見てみることが得意な方なので、「よし!万一このままなかったとしても、所詮モノじゃないの、どうしてもなかったら買い換えればいいわ」「命が取られたわけじゃない、家族の誰かが傷ついたわけじゃない、中のデータも入れ直しのきくものばかり」そう思って、落ち着こうとしました。

長年ガラケーを使ってきて、少々考えもあり、あえてスマホにしていませんでした。それが、息子に子どもが産まれて、お嫁さんが時々孫の写真を送ってくれるのに「ごめんね、画像が重くて携帯では受けられないの、パソコンに送り直してもらえる??」気立てのいいお嫁さんですので、何度でもそのやり取りに付き合ってくれるのですが、さすがに自分のことならいいけれど、これ以上お嫁さんに迷惑をかけるわけにはいかないと、一念発起してこの春、初めてi-phoneにしたばかりです。

いやいや命取られたわけじゃないんだから…呪文のように繰り返しながら、ようやく用事が済んだ時、もう一度車の中をくまなく探してもやっぱりない。一度公衆電話から自宅に掛けて、忘れてないか(持って出たはずだけど)見てもらおうと思うにも、今時公衆電話ってなくて。会場の方に事情を話すと、固定電話を貸して下さり、かけてみるも「ないよ」

わーもう本当になくしちゃったんだー!!出先には、顔見知りの人はいても、親しい人はいなくて、本当は誰かの携帯電話を借りて、車で鳴らしてみたいなと思っても頼める人もなく…。そこへ「よかったら、僕のを使いなさい」と、一人の紳士が、携帯電話を差し出して下さるのです。あまりに行ったり来たりバタバタしていたので、察して下さったのでしょう。地獄に仏とはこのことだわ、「ありがとうございますー」早速お借りして、また駐車場へ走りました。(今日、何回往復した??)

車のドアを開け、恐る恐る自分の番号へ掛けてみると…「トゥルルル~トゥルルル~」 え?変な所から小さく音が聞こえます。え?どこ??ホント想定外からの着信音にきょろきょろ見渡すと…

えーーーーー?何と、フロントガラスの、ワイパーのところに置かれているではありませんか!!!

「あったーーーーー!!!」

あった、あった、あった。もういなくなったわが子と再会した時のようにうれし涙です。気を取り直して考えてみると、きっとどなたかが拾って下さったのでしょう。あわてて車から降りた時に、きっと落としたと思います。でも、拾って下さった方が、どこかへ届けたりするよりは、きっとこの車の人のだろうと、人目に付かず、持ち主だけにわかるようにとお気遣い下さったのだと思います。

いつもはバックで駐車するのですが、その日に限ってあわてていたので、頭から突っ込んでいたので、道路からワイパー辺りは見えにくくなっていました。私が最初に車を降りる時、事業者用のゴミ収集車が、近くで作業されていて、他はほとんど人通りも少ない、たまたまその日は建物の裏手に止めました。しかも、あまり環境のよい場所ではなく、黙って持ち去られても仕方のない場所です。

よくぞ拾って置いて下さった。まさに天の救い…。本当に本当にありがたく、どなたかわかりませんが、「ありがとうございますーーー」叫びたい思いでした。早速会場へ戻り、先ほどの紳士に電話をお返しし、事情を話すと、一緒になって「よかった、よかった」と喜んで下さいました。

本当に今回は救われました。私は、子どもたちが育つ盛りに、「迷った時は、自分の心の正義にのっとって行動しなさいね」誰かが見ているから、見ていないからとかではなく、その行動がどうなのかを常に考えてほしいと思ってです。もちろん私も「人の目はごまかせても天の目はごまかせない」と言われて育ちましたので、そのように心掛けているつもりです。

つい最近も、妹の旦那さんが家に帰ったらやはりi-phoneがなくて、居酒屋かタクシーだとすぐに電話するも「ない」 それでまたすぐに追跡調査をしてみたら、すでに電源が切られていて…結局出てこなかったと聞いたばかりでした。そんなこともあるのに、本当に今回は救われました。

今後、私も恩返しも兼ねて、さらによい行いをしようと改めて誓った次第です。

拾って下さった方、本当にありがとうございました。
















スポンサーサイト
  1. 2015/09/17(木) 06:30:15|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。