FC2ブログ

パソコン宅急便

今月から大学生になった二男、引っ越しして大学の近くに住み始めたのですが、遠慮気味に「パソコン欲しい…」
1月に私がパソコンを買い替えたので、最初は長男がお古を貸してほしいと言っていました。(自宅には共用のデスクトップがあります)ところが、二男が家を離れることになったので、優先的に二男に譲ることになりました。

私のパソコン、5年弱ぶりにようやく買い替えたのですが、データの移し替えやら何やらでかなり手間取り、結局始動したのは2月も半ば、それでもまだまだ中途半端で、なかなか渡せないでいました。おまけにしょっちゅう持ち歩いていたせいで、2年経たないうちにCDを読み込まなくなってしまい、修理したかったのですが、修理の間、パソコンがないのも困りますので、そのままにしてきていました。

確か5年保証が付いているからと、期間内に新しいパソコンを買い、そうしたら古いものを無料修理に出そうと思っていました。買ったのは2003年の5月だったから4月中に出せば間に合うと思い、意気揚々とエイデンに持っていくと…「お客様、5年の保証期間を過ぎておりますので修理は有料となります」とのこと!「え~~~~?5月じゃなかったの??」「2003年の3月23日にお買い上げ頂いていおります」 その日は4月3日でした。

がぁ~~~~~~ん。ショック。

結局修理の見積もりだけ頼むと「預かり金は5250円でございます。」万一、修理しないと3150円は徴収され、2100円だけが戻るのだそう。実費修理か。。。でも背に腹変えられないので、一応頼みました。

10日ほどして「修理は部品代だけで50000円ほどになりました。そこに技術料を加えますと65000円くらいですね」しばらく考えましたが、どう考えても65000円出す気にはなれない、CDは読み込まなくても、動作が少々のろくても、キーボードがはげていても、使えないことはない、修理せずに戻してもらうことにしました。

それにしてもたった10日!あ~5月だと思い込んでいた私が情けない。。。でも、考えました。二男も最初から贅沢してはいけません。この古いパソコンが不便であれば、バイトでもして自分で買えばいいんです。娘も「そうそう!大学生になったんだから、欲しいものはバイトして買うべき!」と。エイデンへ引き取りに行って2100円ともにもらって帰りました。さすがに直してはないですけど、お詫び程度にピカピカになっていました。

さて!このパソコン、どうやって渡しましょう。最初は二男が休みにでも取りに来ると言っていました。でも交通費だけでも10000円近くかかります。実家の両親が、ドライブかたがた遊びに行こうかなと言っていましたので、届けてもらうかとか思っていたのですが、エイデンで聞いてみると、今はパソコン専門の宅急便もあるとのこと、ならば送りましょう、となりました。

今は本当に便利な時代ですね。クロネコヤマトのパソコン宅急便というものを見つけました。電話するとすぐに集荷に来てくれました。しかも専用の段ボール箱を持って。ノートパソコンなので小さいサイズの箱代600円。玄関先で梱包してくれました。

段ボールを折り曲げるとビニールが伸びて、そこのパソコンを挟むような隙間ができました。また反対側に折り曲げると、付属品を収納するスペースが…。それを外箱に入れると、どこをどうやっても動かないように固定されました。写真を撮りたかったのですが、一生懸命梱包して下さるお兄さんに申し訳なくあきらめましたが、本当に鮮やかな手さばきで収まっていきました。「はぁ~今は便利ですねぇ」思わず口を開けて見とれていました(笑)。

箱代が600円に、あとは普通の送料だけで、計1760円。これでもう明日には息子のところに届くのだそうです。便利な時代です。「ヤマトさん、無事息子のところに届けて下さいね」祈るような気持ちで、お兄さんを見送りました。

もらい物の図書カードがあったので、内緒でこっそりマウスパットの裏に貼り付けて、あとは後れて頂いたお祝いをパソコンの間に挟んでおきました。息子よ、しっかり勉強するんだよ!
スポンサーサイト



  1. 2008/04/17(木) 17:41:37|
  2. 未分類