FC2ブログ

朝が早くなって来た!

ここのところ、カーテンの隙間から差し込む光がまぶしくて目が覚めるようになってきました。「え?今何時?」枕もとに置いた携帯電話を開くとまだ5時過ぎ…。最近は朝、明るくなるのが早くてうれしい限りです。朝が来ると毎回、ワクワクしてうれしくって飛び起きてしまいます。冬の間は7時過ぎてもまだ暗かったのに、これからはどんどん日の出が早くなって、夏至の頃には4時半には明るくなることでしょう。一年で一番快適な大好きな季節です。

私はものすごく早寝早起きです。というより、眠くなったら何かあっても寝てしまい、目が覚めたら何時でも起きる…って感じです。日の出とともに起き、日の入りとともに休む、昔から超自然児と呼ばれてきました。今でこそ、自分の時間はたっぷりありますが、主婦になって子育て中は自分の時間など全くなくなって。ある時5時半くらいに目が覚めたことがあって、その時起き出してひとりで珈琲を入れてぼーっとしていたら…「朝早いのって気持ちいいな~」と気づいてしまい、それ以来目が覚めたら何時であっても起き出して、朝食の準備を始める6時までが自由時間と決め、好きなことをしました。

いろんなことをやりました。子供服をはじめいろいろな物を作ったり、本を読んだり、日記や手紙を書いたり(パソコンもない時代です)、勉強を始めてからは、いつも早朝に勉強していました。私の歴史はほとんど夜明け前にでき上がったようなものです。子育て中は子どもと一緒に昼寝をすればいいですから、昼間に眠くなってしまっても気も楽で、ホント朝の時間は貴重でした。たまに何らかのことで子どもが5時半くらいに起きてしまうと、「うぅー今日は損した」と非常に残念に思っていました。

今、いろいろ勉強してきて「人間は自分が成長過程に見た環境を大人になってそのまま再現する」ということを知りましたが、振り返ってみると、とてもよかったことがあります。とにかく子どもらが起きてくる時、私はいつも机に向かっていましたから「お母さん、今日もお勉強?」といつも聞かれました。「うん、そうよ、お勉強」いえ、勉強していたわけでないことがほとんどですが、「朝起きるといつもお母さんは机に向かっている」というのが子どもらの記憶に宿っていたようです。

ですから自然に、机には向かうもの、勉強はするもの、ということが身に付いたと思います。小さい頃からの習慣は取り立てて大変なことではなく、何となく毎日やっているうちに身に付いてしまうと思うのです。

例えば、3世代同居のお宅にはたいてい仏壇がありますよね。よそから何かを頂いたりすると「はい、お仏壇に供えて」となるわけです。通知表をもらってきても、どこかへ出かける時も、やはり仏壇で手を合わせると思うのです。目に見えない存在に対して畏敬の念を持つ…子どもの頃からそうしていれば、いくつになっても難なく自然にできますが、大人になってからやろうと思うとなかなか大変ですし、最初は違和感もあるでしょう。それと同じだと思うのです。

話がそれましたが、やはり子どもの頃からの習慣って本当に大切だと思います。私の子育てのテーマの一つであった「『勉強しなさいっ!』と言わなくても自然に勉強する子になるにはどうしたらよいか?」これには、私の早起きが思わぬ効を奏しました。結局二男が大学生になった今日まで、一度も「勉強しなさいっ!」と言わずに来られました。起きると毎朝母親が机に向かって(勉強して)いたという幼い頃からの記憶のおかげでしょう。本当に楽をさせてもらいました。

そろそろ花粉もおさまり、これから6月初旬の梅雨入りまで、暑くも寒くもなく、緑もきれいで一番いい季節です。これからも早朝の時間を大切に使おうと思っています。

スポンサーサイト



  1. 2008/04/28(月) 06:40:04|
  2. 未分類