FC2ブログ

20年前の朝に・・・

20060930064426.jpg



 20年前の朝に私は男の子を産みました。その前に娘を授かっていましたので、まさしく「一姫二太郎」となったわけです。予定日が10月10日(今は幻の体育の日)でしたが、だいぶ早まっての出産となりました。

 お腹の中でかなり成長していたらしく「明日までに陣痛が来なければもう産んでもらいます」というわけで、何と!次の朝、手伝いに来てくれた母と娘を車に乗せて、自分で運転して産院に向かいました。(今思うとすごいっ!)おかげさまで私は3人とも超安産で「こんなんだったら何人でも産める!」と思ったものです(笑)。

 その長男がめでたく今日で満20歳!やはり母親としては感慨深いものがあります。何しろ上の娘がすごく手のかかる子でしたから、親孝行な長男は何とも場?をまきまえていたようで、生まれて1ヵ月もしないうちに夜中に起きることもなくなり、12時前におっぱいを飲んでオムツを替えたら、朝までぐっすり・・・本当に親思い!?の子でした。

 数ヶ月経っても、お腹がすくと目覚めて「うぇ~ん」おっぱいを飲むとご機嫌で「ばぶばぶ」ひとりで遊んでいたかと思うと「すやすや」・・・「男の子って手がかからないわ!」いつもそう思っていました(笑)。

 とても素直で心のやさしい長男でしたが、手がかからない・・・をいいことに目が行き届かなかったのか、小学校高学年になると、担任の先生からお呼び出しがありまして・・・「おかあさん、もっとお子さんのことを考えてあげて下さい!」「ええ~?」

 今思うと、その一件が私の人生を大きく変えることとなりました。専業主婦で暇だった私はきっと過保護になり過ぎて、だいぶ間違った子育てをしていたようです。「もう、いい加減お子さんを放っておいてあげて下さい、かまい過ぎ!」この一言はショックでした。一生懸命やってきたつもりの子育てをはなから否定された気がしました。

 それからです、子どもばかりに集中するのでなく、自分のことをしよう!と思い、ちょうど名前も変えた頃でしたので、仕事を始めたのでした。

 私が改名をしていきなり人生が大幅に変わったのを見て、子どもらも遅れること1年、学校で使う名前を3人とも呼び名まで変えました。(そのままの呼び名で整う漢字がなかったためです)あれよあれよという間に子どもらも変わってしまい、あの頃のあの人たちはどこへ行ったの?というくらいに性格まで変わってしまいました。

 長男は大学2年となり、最近では「小出恵介に似てる~!」と言われて、少々気をよくしているようですが、まぁとにかくここまで無事に成長してくれました。とりあえずの親の役目は果たせたかな?と思っています。将来は「地球環境を守る仕事に就きたい」そうですが、自分の持てる力を充分に発揮して、社会に貢献できる人になって欲しいと願っています。

 何はともあれ、わが子の満20歳の誕生日。今日は精一杯のお祝いをしたいと思います。

 
スポンサーサイト



  1. 2006/09/30(土) 07:19:02|
  2. 未分類